Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

マッサージ嬢リリーのこと (1/4)

彼女は中国人。

上海の近くの小さな町からニューヨークにやってきた。渡米3年目で二十代後半だ。背が高い。リリーという。

初めて会ったとき、リリーは中国語新聞の求人欄を読んでいた。法律事務所の広告が数多く並んでいる。

「この仕事、給料はいくらなのかしら」とリリー。

「5万ドルくらいじゃないか」と私。

「すごい。私そんなお金見たことないよ」とため息をつく。

「仕事はしているのかい」

「Bodywork」 マッサージ嬢だ。

このあたりの相場だと基本は無給。チップが収入源で一日に100ドル稼げるかどうか。一年で5万ドルにはほど遠い。

「中国でもマッサージをしていたのかい」

「縫製工場よ。中学を卒業してから縫製の専門学校に行った。集団就職してからもずっと縫製。でもニューヨークには縫製の仕事がないから」

「英語はどこで覚えたんだよ」リリーは英語がそこそこできる。

「マッサージのお客さんはアメリカ人が多いから。英語ができたほうがチップをよくもらえる」

「マッサージの仕事は好きかい」

「やめたい。でもほかに仕事がない。国に仕送りしないといけない。お金が欲しい」

 「わかった」私は言った。

「5万ドル稼げるようにしよう」

リリーは怪訝な目で私を見た。

羊麺を食べて健康になる


羊肉は健康にいいのだそうだ。ダイエットにもなるとかで日本でも定期的にブームになる。

ニューヨークで普通に暮らしていると羊を食べる機会はめったにない。フランス料理でラムを食べたりインド料理でマトンカレーを食べるくらいだろうか。ここはぜひ、大人の味を経験するために食の宝庫、フラッシングに行こう。

場所はフラッシングにある雑居ビルの一室。薬屋と電機屋の間を抜けて刺青屋の手前、昼間でもなんとなく暗い廊下の奥にこの店がある。烩麺という幅広手打ち麺を羊肉スープで食べるのがメインの商品だ。

麺はもっちりとしてこれがスープによく合う。盛大に盛られた香菜が羊肉のにおいと調和する。最初はそのまま食べて、途中から唐辛子を入れて汗をかきながら食べるのがおすすめだ。

英語は皆無の店内だし愛想もないが、そういうのに抵抗がなければぜひ。

データ

  • 店名:滋補羊肉燴面(Lamb Noodle Soup)
  • 所在地:41-28 Main St #E3, Queens, NY 11355

濃厚度

濃厚です。建物自体が濃厚なので店がすぐ見つからなくてもくじけないで。

日本寿司料理学校?

アメリカには中国人と韓国人の寿司職人がものすごく多い。

ああいう人たちはどこから来るのかと思えば、こういうチャイナとコリアな専門学校がちゃんとあるらしい。世の中うまくできているものですね。

日記・公園で焼豚鴨飯をほおばる

平日の午後4時。車でチャイナタウンを通りかかる。朝からなにも食べていないのを思い出して車を停めてもらう。約束にはまだ時間があるし、なにか車の中で食べればよい。

焼豚の華豐快餐店はいつもの行列ができていたのでパスし、入ったのは天旺大飯店。焼豚鴨飯、テイクアウトで。

できるのを待っていると、キッチンからスープのいい香りが。ごく普通の野菜スープが鍋に入っているだけなんだが、体が欲しているようだ。

「スープいるかね」と店のおばさん。「もちろん」と私。コックが火をつけ一煮立ち、香りが強まる。

さてテイクアウトしたものの、このまま移動するのが惜しくなった。焼豚も鴨もいらないが、このスープを飲みたい。公園のベンチに向かおう。

家族連れが多くて炎天下の席しか空いてなかったが、そこで飲む熱々のスープ、実に格別でありました。別になんてことはないスープのはずなのだが、薬膳という言葉が頭によぎる。

食べたもの:焼豚鴨飯とスープ。場所:天旺大飯店。値段:$5.50

靴屋のバイリンガル看板

靴屋の看板。フラッシング方面でバイリンガルというと、もちろん中国語と韓国語だ。中朝国境にある町のようだが、これでもニューヨークなんですねえ。