Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

屋台の焼きそば&チャーハン

チャイナタウンの屋台でガイドブックによく登場するのがMott StとCanal Stの交差点にあるこちらのお店。観光客が一番多い場所にある上に英語も通じるため使いやすいからだろう。

メニューは焼きそば、ビーフン、炒飯、春巻、鶏の揚げ物。脂とデンプンが多めだ。

炒飯ひとつ($1.50)を注文したところ、「チャーハンが残り少ないから半分焼きそばでいい?」と。当然別の容器で来るものだと思っていたら、チャーハンの上に焼きそばをガシガシと盛られた……。おえー。

焼きそばの上にチャーハンを盛るよりは、チャーハンの上に焼きそばが乗るほうが食べやすいという発見がありました。

  • 店名:CanalとMottの屋台
  • 所在地:178 Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

薄い。英語でもばっちり対応、バックパッカーみたいなのが列を作る。

近況報告

いやー、空は青いのに余裕がない!

本業1の仕事量が多いのに加え、本業2が加わって、さらに講演を頼まれるままにやって、チャイナタウンに行く余裕がない。

無駄な移動時間を削ろうと友達のお抱え運転手を安く借り受けたら、労働時間が増えてゆとりの時間がさらになくなった。車の移動は街歩きと相容れない。

チャイナタウンは日々の通り道なので、新しい店ができるのを車窓から指をくわえて見ている日々であります。

ブログを書くのは簡単に見えるけれど、ネタを街で拾ったり中国語新聞を読んだり、なかなか手がかかっているのです。日本語メディアに載っている有名店に行って、適当に写真と文章をつけたコピペでできたようなブログとは違いますな。←失礼

本業2は補佐の人を雇ってもらったし、講演は夏はないし、運転手もそろそろ返さなくてはいけないので、チャイナタウンにそろそろ戻れるのではないかと思っております。

日本厚生省医薬食品安全部認可

この赤霊芝という商品。厚生省の医薬食品安全部認可と堂々と書いてある。厚生(労働)省はそんな仕事をしているのか、と思って左上のほうをよく見ると小さく「日本健康・栄養食品協会認定」と書いてある。厚生省じゃない……。チャイナだからしょうがないですけどね。

BBCのチャイナタウン特集に当ブログの画像が!?

英国BBCがチャイナタウンの特集をしている。マンハッタンのチャイナタウンは家賃が高いし押し寄せる開発の波もあって将来はどうなのだろう、という内容だ。ビデオはこちら。

このBBCの画像、どっかで見たことがあるなと思ったら、このブログのタイトル画像と同じところからおなじ景色を撮っている。

こちらが当ブログのタイトル画像(右半分)。

こちらがBBCのウェブサイト。

英国進出か!と思ったけれど、ただの偶然ですね。

ボストンに行ってきた

↑ 写真はロブスターの水槽。生きてる。

古い知人の頼みを断れず、出張でボストンに来た日本人女性2人をご案内申し上げました。で、夕食前の話題。

女1 「ひもやくさん、ボストン名物のロブスターを食べたいんですが、どのレストランがおすすめですか?(*´∀`*)」
ひもやく 「このへんではロブスターをマヨネーズかバターで味付けするけど、本来の味を殺してしまうからもったいないな」
女2 「そういうものなんですか?」
ひもやく 「チャイナタウンに行くとネギと生姜であっさり炒めたロブスターが食べられるよ。豆鼓(ブラックビーンソース)もいいな。あとスープ。洋食のクリーム系はちょっとね」
女1 「えー、チャイナタウン? ほかのところはないんですか?」
ひもやく 「ないなー」
女2 「なんでアメリカまで来てチャイナタウンに行かないといけないんですか!(`o´)」

漫画の世界ならここで

ひもやく 「ふっふっふ、本物のロブスターを食べさせてあげましょう」

となるのだが、そうもいかずに高いだけのつまらない店に(先方の支払いで)行くことになったのでした。

私がホテルに帰ってから一人でこっそりチャイナタウンに行き、朝ごはん用にエビとホタテの炒めものを持ち帰ったのをこの人たちは知るまい。

……で、後で「経費の領収書、遠慮なく提出してください」と言われたんだけど、漢字ばっかりのボストンの領収書をどうしたものか。