中華スタイルの洋食朝ごはん・Hon Cafe

中国の朝ごはんといえばお粥が思い浮かびますが、日本の朝食同様、パンも普通に食べられています。

こちらのお店はパン屋さんと食堂の兼業で、今回は食堂で食べる朝食をご紹介。

パン屋の奥にあるこちらのお店では朝食のセットメニューがあります。今日いただいたのはAセット。これはトースト、卵、麺、コーヒーまたは紅茶の組み合わせです。このほかにもお粥のセットがあったりします。

ユニークなのは麺で、麺の種類とトッピングをそれぞれ十種類ほどから選択できます。意粉(スパゲッティ)という選択肢があったので好奇心で注文したらラーメンスープにスパゲッティの入ったものが来ました。意外とおいしかったですが。

あとは紅茶。香港式なのでミルクがあらかじめ注がれたミルクティーがやってきます。砂糖は入っていません。

これだけ食べて$3.95と、かなりハッピーに一日が始められます。

データ

  • 店名:杏福西餐(Hon Cafe)(閉店)
  • 住所:70 Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

濃厚。雰囲気は明るいのですが、店頭にある朝食の看板は中国語のみ、朝食メニューも中国語だけ。言えば英語メニューが出てくるという噂もありますが。

実用中国語

  • 奶茶 奶茶 nǎichá ミルクティー
  • 多士 多士 duōshì トースト(広東語だとトーシー)
  • 煎蛋 煎蛋 jiāndàn 目玉焼き
  • 蛋治 蛋治 dànzhì 卵サンド

追記(9月26日)

メニューの形式が変わりましたが中身はだいたい同じです。

追記(2012年5月8日)

改装して味覚厨房(MottZar Kitchen)というお店になりました。

2 コメント:

  1. ひもやくさんのこの記事を見た後に行ってきました!!私が食べたのはLo Meinですが味、値段ともに満足しました。食後、栗のパンとエッグタルトをテイクアウトしました。また行きたいです!!今度は朝ご飯食べに行こうと思います^_^

    返信削除
  2. ロッキーさん

    参考にしてくださりありがとうございます!

    このお店はちょっと濃い雰囲気ながらもこぎれいという貴重な存在です。ちなみにパン屋は夜8時を過ぎても営業しており、遅い時間に行くと3個買うごとに1個オマケです。エッグタルト、いいですね。

    返信削除