マレーシア式かき氷

夏のデザートといえばかき氷。フィリピンのハロハロ、ベトナムのチェーなどアジア各国に個性のあるかき氷があります。

そこでマレーシアのかき氷といえばアイスカチャン(別名ABC)とチェンドル。もちろんチャイナタウンではどちらも食べられます。

というわけで今回はこちらのマレーシアレストランでチェンドルを食べてみました。チェンドルの基本は氷、黒砂糖、緑色のゼリーとココナツミルクで、アレンジなしの正統派な味でした。

緑色のゼリー(これもチェンドルと呼ばれる)は作りたてではありませんでしたが(冷凍保存かな)、ココナツミルクと黒砂糖の組み合わせが上品な甘さを演出しています。$2のお手軽おやつでした。

データ

  • 店名:新印馬小食館(Sanur Restaurant)
  • 所在地:18 Doyers St, New York, NY 10013

濃厚度

濃厚。Grand StにあるNonyaのほうが一般向けです。

関連記事

0 コメント:

コメントを投稿