チャイナタウンで宝石を買う(上)

他の地域と比べてチャイナタウンに多い業種といえばなんでしょう。レストラン? 正解です。果物屋? 正解です。宝石屋? 大正解です。

Canal Streetを少し歩けばわかりますが、チャイナタウンにはダイヤモンドなどの宝石や金(ゴールド)などの貴金属を扱うお店が多数あります。ダイヤモンドと金のお店は本来別の業種なのですが、兼業していることもあります。

今日はダイヤモンドを中心に扱っているお店に入ってみましょう。だいたい入口近くにあるのが小さい石で作ったアクセサリーです。好みの問題ではありますが、日本人のセンスには合わないものばかりと言っても過言ではありません。

一方、大きな石になると話は違います。基本的にお店は石自体で勝負しているため、日本人にも喜ばれる良質のものが多数。それも競争が激しいチャイナタウンとあり、ニューヨークで一番安い値段、日本では考えられない価格でダイヤモンドを買うことができます。

たくさんお店があるのでどこに入ったらいいかというのは答えにくい質問ですが、表通りのお店と裏通りのお店、いくつか見てみるといいでしょう。個人営業の小さいお店も悪くないのですが、最初は店員が多い大きな店のほうが初心者の対応に慣れているのでおすすめです。

お店に入ってから購入するまでのしくみは次回書くとして、老婆心ながらチャイナタウンで宝石を安く買ってプレゼントしようという男性(女性でも構いませんが)の方へ。とにかく大きなダイヤモンドが好きな女性もいますし、ブランド物が好きな女性もいます。相手が2カラットのチャイナタウンダイヤモンドと0.8カラットのハリーウィンストンのどちらが好きか、事前のリサーチはお忘れなく。

データ

上の説明は一般的なものですが、写真はここで撮りました。

  • 店名:生生珠寶鑽石行(Diamond Forever)
  • 所在地:26 Elizabeth St, New York, NY 10013

濃厚度

普通です。宝石屋自体に入るのが緊張してしまったりしますが、日本の宝石屋よりはお気軽な雰囲気です。

2 コメント:

  1. ひもやくさんの言う通りだなーと思ってコメントします。
    数年前に香港でカラー、グレードは低い、保証書なしのとにかく安くて大きなダイヤを買いましたが最近売却する際には買値の2割くらいになってしまいました。
    良いカラー、グレード、保証書つきのものは最初も高いですが売るときも有利ですね。
    でも売ることを考えなければ素人には肉眼ではカラー、グレード、保証の有無はわからないですから、とにかく安くて大きなダイヤが欲しいというのであればチャイナタウンダイヤモンドはおススメかもしれません。
    それにチャイナタウンダイヤモンドの保証なしでもあとで自分で$150くらいでGIAの鑑定書をつけることもできます。
    あと日本に流通しているダイヤは独自の企画刻印があるみたいですね。

    返信削除
  2. medicalさん

    チャイナタウンで鑑定書なし2カラット1万ドル、なんていうダイヤモンドを見ると得したような気がしますが、おっしゃるとおり、それなりの価値しかないんですよね。

    チャイナタウンではGIAの鑑定書がついたものも売られていますので、特に初心者はGIAの鑑定書がついたものを買うほうがいいかなと思います。GIAのものなら他の宝石と値段の比較ができますし、もちろん安心感があります。

    あと、宝石は売るときにどうしても価値が目減りしてしまうので、売ることを考える人はダイヤモンドではなくて金を買ったりしますね。

    続編では具体的な買い方と値切り方を書いてみます。

    返信削除