チャイナタウンで宝石を買う(下)

前編に引き続き、チャイナタウンでダイヤモンドを買う手順を書いてみます。基本的には日本やアメリカの宝石店で買い物をするのと変わりません。

まずは買う石を選びます。展示ケースの中から選んで取り出してもらってもいいですし、「こういうのがほしい」と希望を言っても構いません。希望を言う場合は「1.9カラット程度のダイヤモンドを見たい。カラーはF以上、クラリティーは低くてもいい。GIAの鑑定書があるもの」とか。店頭にない場合は在庫リストから探してくれます。

ダイヤモンドを選ぶときには4C(Cut、Carat、Clarity、Color)が大事なんて言ったりしますが、大切にしたいのはフィーリング。「好き」「嫌い」「きれい」「気に入らない」でいいと思うのです。身につけてみたり鏡に写したりしてみてください。

多くの石を見比べるのもいいです。相手はプロなので、知ったかぶりをしないほうがいいのはどの商売でも同じです。わからないことは聞きましょう。同じ質問を複数のお店でするのも、いろいろ見えないものが見えてきていいです。

さて、好きな石が決まったら、価格の話に入ります。たいていは、なにも言わなくても店員が「現金で支払うなら税金の部分はサービスします」などと話を振ってきます。相手も商売、無茶な値引きには応じませんが、3割から4割を目標に値引交渉をしてもいいのではないかと思います(そこまで下がる、というわけではなく、あくまでも目標です)。

価格交渉の上ではこういうことを頭に入れておくといいかもしれません。

  • 相場を知る。Blue NileUnion Diamondのサイトがおすすめです。
  • 現金で買うのは値引きの基本。
    • クレジットカードだと値引き交渉はまず無理です。
    • 現金で当日全額払えない場合は手付金(deposit)をその場で払うほうが話がまとまりやすいでしょう。手付金は$40から$200以上まで、お財布の都合とお店の必要な額のバランスで決めましょう。なお、キャンセルの場合に手付金を返してもらえるか聞いておくことは大事です。トラブル防止のために、手付金の領収書にGIAのReport Numberなど宝石の詳細を書いてもらってください。
    • 小切手でも買えますが、価格交渉で物をいうのはキャッシュです。
    • あちらの店ではもっと安かった、と言うのは有効です。嘘は避けて正直に。
  • 近日中にセールがあるかどうか聞いてみる。チャイナタウンの宝石屋は旧正月など祝日の前に値段を下げる傾向があります。店ごとのキャンペーンもあります。そういうイベントが近日中にあるのなら、同じ値引きをいち早く適用してもらえるかもしれません。
  • 礼儀はわきまえて。相手はチャイナタウンの宝石を安く売っているお店ですが、相手も人間です。偉そうにせず、敬意を持って店員に接するほうが結局は得をします。

データ

本当に多くのお店がありますので、あちこち見学してください。写真はここで撮りました。

  • 店名:恆生珠寶金行(Lai Hing Jewelry)
  • 所在地:13 Chatham Square, New York, NY 10038

濃厚度

普通です。

2 コメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  2. 以前も申し上げましたが(http://chinatownny.blogspot.com/2010/02/cong-ly.html)、このブログから収入を得るつもりはありません。

    今後の書き込みはご遠慮くださいますよう、お願いいたします。

    返信削除