Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

シェラトン・ラガーディア・イースト・ホテル

フラッシングにあるこのホテル。ラガーディア空港から近いからという理由で泊まる人もいると思うのですが、予備知識なく行ったら驚くはず。周辺は漢字の看板があふれるフラッシング、ホテルの名前も漢字併記(喜来登=シェラトン)、中に入ってみると額に入った書が飾ってあったりしてかなりアジアンな雰囲気なのです。

「ニューヨーク市内のシェラトン」を思い浮かべて泊まりに来ると愕然とするかもしれませんが、決して悪いホテルではありません。ロビーは掃除が行き届いており、名店街(喜来登名店商場という看板あり)も高級感あふれるラインナップ。でもチャイナ。レビューサイトの記事を見てみると、「ホテルの無料新聞は中国語だ」そうです。

この特殊な条件のため泊まりたい方がおられるかどうかはわかりませんが、フラッシングの街歩きに疲れたら寄るべき場所のベスト3に入るかと思います(あとのふたつに入る候補はQueens Crossingと図書館とMacy's)。

中にあるお店も面白いので後日書きます。トイレも綺麗です(入口に鍵がかかっているときは係の人に相談してください)。

データ

濃厚度

インテリア以外は普通のホテルです。

街の小さな自転車屋・華記玩具店

マンハッタンはいま自転車ブーム。それに合わせ、小ぎれいでおしゃれな自転車屋が次々と開店しています。

こちらはそのような流行のずっと前からチャイナタウンにある自転車屋です。本当はおもちゃ屋なのですが、昭和の香りが漂う店内の半分は自転車で占められていますので自転車屋ということにしましょう。

店頭に展示してある自転車は決して多くないものの、小さい子供の自転車から大人の折りたたみ自転車まで一通り揃っています。お店の方の愛想も良く、自転車の修理もやってくれるので何かあったときにも安心です。

データ

  • 店名:華記玩具(New Bo Bo Toys)
  • 所在地:96 Elizabeth St, New York, NY 10013
  • ウェブサイト:http://www.newbobotoys.com/

濃厚度

普通です。英語もなんとか通じます。

公立小学校のYung Wing School

チャイナタウンは飲茶とマッサージだけの街というわけではなく、そこには人が暮らしていて小学校もあります。今日は公立小学校のP.S. 124 Yung Wing Schoolを紹介しましょう。

学校名になっているYung Wingは19世紀にアメリカに留学した中国人です。公立小学校に偉人の名前をつけるのはよくあることですが、中国人の名前がつくのはチャイナタウンならでは。

2008年度のデータによると、

  • 児童数:6学年で1000人
  • クラスの平均人数:26人
  • アジア系児童の割合:89%
  • 英語に難ありな児童:27%
  • 貧困層(給食費が無料):61%
  • となっています。平たく言うと大所帯の学校でクラスあたりの人数が多く、貧困層はやや多め、中国人が大多数で英語があまり話せない子どもも多め、というところです。

ネガティブな要素が多いようにも聞こえますが、特筆すべきは教育レベルの高さ。小学校の5年生が受けた共通テストの点数を見てみましょう。トップレベルとされるマンハッタンの他の小学校のスコアも参考までに並べてみました。


合格者優秀者貧困家庭
P.S. 199 Jesse Isador Straus98%66%8%
P.S. 234 Independence School98%47%5%
P.S. 124 Yung Wing96%55%61%
P.S. 8996%55%7%
P.S. 6 Lillie D Blake96%52%7%
P.S. 158 Baylard Taylor95%43%21%
市の平均79%25%66%

一般に貧困家庭の多い小学校は点数が悪いなどといわれますが、なかなかどうして。P.S. 124は富裕層の多い学校に並んで健闘しています。

中国人が多いという特殊な環境の学校であるため、教師の側も英語が不得意な子供の対応に長けています。また英語が苦手な親のために各種書類は英中二か国語で掲示されるといった特徴があります。そのため、学区外から通学してくる中国人の子供も多いとのこと。

駐在員の皆様。お子様をチャイナタウンの小学校に入れてみるのはいかがでしょうか。うまくすれば中国語も友達から教われます。

データ

濃厚度

中国人がとても多いコミュニティではありますが、それを除くといたって普通。授業はすべて英語で行われます。

M Star Cafe

香港の街角には茶餐廳という喫茶店とレストランの中間的存在のお店があります。Wikipediaの記事によると「香港、マカオ、広東省の都市で一般的な、喫茶、軽食を兼ねた飲食店」という説明があります。

中国のものはなんでも輸入するチャイナタウンにはもちろん茶餐廳もあります。メニューもトーストからインスタント焼きそば、カレースパゲティからドリア、炒飯まで幅広く揃っています。

壁には香港の地図に加えて店名の由来でもある香港の芸能人の似顔絵がありますので、だれの顔か当ててみてください。正解がわからない場合は店員に聞いてみましょう。

朝ごはんのセットは紅茶つき$3.60で毎朝11時まで。お得です。

データ

  • 店名:明星茶餐廳(M Star Cafe)
  • 所在地:19 Division St, New York, NY 10002
  • ウェブサイト:Welcome to M Star Cafe,inc.

濃厚度

普通です。広東語が賑やかな店内ですが、英語も通じます。

点心の路上販売

チャイナタウンには路上販売の屋台がいろいろ存在します。なかには屋台を構えずに段ボールとござだけで商売する人たちもいます。その一つが毎週土曜日の朝にやってくるこの点心売りのおばさん。一食分の点心を入れた箱を持ってきて商売をしています。

特筆すべきは常連客の数。おばさんが到着すると同時に人が群がり、みなさん「えび餃子とお餅ね」のように言って中身も確認せずに買っていきます。飛ぶように売れる、とはまさにこのことかと思います。

味は確かです。都会的な洗練された味ではありませんが、蒸し餃子やお饅頭の皮が特に素晴らしい出来です。

おばさんは常連以外にも親切で、頼めば箱の中身を見せてくれます。一箱$1から$2です。

データ

  • 名称:点心売りのおばさん
  • 所在地:116 Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

濃厚です。商品のリストのようなものはないので中国語会話が必須です。身振り手ぶりでチャレンジする場合はおばさんの周囲に客がいないときを見計らってどうぞ。

スターバックス

どういう経緯でこうなったのか、チャイナタウンの真ん中にスターバックスがあります。

知らない土地に行ってスターバックスやマクドナルドの看板を見ると安心するのは人類共通の習性なのでしょう。待ち合わせをする人、トイレを借りる人、食事の後に寄るようなグループで小さい店内はいつも混雑しています。

この界隈では珍しく中国語が通じないなど、店内にいるとチャイナタウンとは別世界。Brighton Beachにあるスターバックスではロシア語メニューとロシア人店員が出迎えてくれますが、それとは対象的です。

チャイナタウンの独特な空気に疲れたらどうぞ。トイレをお探しなら、10分ほど歩いたBloomingdale's(504 Broadway)のほうがお勧めです(過去記事:トイレの話)。

データ

  • 店名:Starbucks
  • 所在地:241 Canal St, New York, NY 10013

濃厚度

チャイナタウンで一番薄いかと。

読者様レポート:チャイナタウンのおすすめ歯医者

medicalさんから詳細なレポートをいただきましたので転載いたします。

(引用)昨日の土曜日に奥歯のセラミックがとれてしまったので保険会社のサイトで検索してみるとなんとチャイナタウンの歯医者は日曜日も営業しているところが多数あることがわかりました。

数件に連絡してみると残念ながら英語が話せないところもありました。

が日本語新聞の広告に掲載されていた下記に連絡してみると自分の保険が使えて日曜でも診察可能ということで無事本日治療が完了しました。

ほとんど365日営業しているということでした。残念ながら日本語は通じませんし、日本人の先生は居ないですがここ数年いろいろな歯医者をNYでいきましたが下記はおススメします。

ちなみに11名の先生が在籍していて自分の先生は女性のNARA KIM先生で英語はネイティブでした。

オフィスもとてもきれいで最新の機器がありました。ただ、時間通りに行ったのに受付でまたされ、また治療椅子に座ってからもかなり待たされました。しかし自分の治療もじっくり時間を掛けて丁寧にしてくれました。が、短時間で済ませたい人、待つのが苦手な人はつらいかもしれません。(引用ここまで)

とかくチャイナタウンの歯医者は無保険でも安い・仕事が早い・オフィスが小さくて古い、という見方をされることが多いのですが、新しいガラスばりのビルに入居している大きめの歯医者です。

データ

  • 名称:賴美玲牙醫診所(Dr. Mailin Mimi Lai, D.D.S, Office of Dentistry)
  • 所在地:11 East Broadway 13th floor, New York, NY 10038
  • サイト:http://www.dentistmimilai.com/

濃厚度

薄くて安心です。写真はオフィスのビル。HSBCの上です。

チャイナタウンで宝石を買う(下)

前編に引き続き、チャイナタウンでダイヤモンドを買う手順を書いてみます。基本的には日本やアメリカの宝石店で買い物をするのと変わりません。

まずは買う石を選びます。展示ケースの中から選んで取り出してもらってもいいですし、「こういうのがほしい」と希望を言っても構いません。希望を言う場合は「1.9カラット程度のダイヤモンドを見たい。カラーはF以上、クラリティーは低くてもいい。GIAの鑑定書があるもの」とか。店頭にない場合は在庫リストから探してくれます。

ダイヤモンドを選ぶときには4C(Cut、Carat、Clarity、Color)が大事なんて言ったりしますが、大切にしたいのはフィーリング。「好き」「嫌い」「きれい」「気に入らない」でいいと思うのです。身につけてみたり鏡に写したりしてみてください。

多くの石を見比べるのもいいです。相手はプロなので、知ったかぶりをしないほうがいいのはどの商売でも同じです。わからないことは聞きましょう。同じ質問を複数のお店でするのも、いろいろ見えないものが見えてきていいです。

さて、好きな石が決まったら、価格の話に入ります。たいていは、なにも言わなくても店員が「現金で支払うなら税金の部分はサービスします」などと話を振ってきます。相手も商売、無茶な値引きには応じませんが、3割から4割を目標に値引交渉をしてもいいのではないかと思います(そこまで下がる、というわけではなく、あくまでも目標です)。

価格交渉の上ではこういうことを頭に入れておくといいかもしれません。

  • 相場を知る。Blue NileUnion Diamondのサイトがおすすめです。
  • 現金で買うのは値引きの基本。
    • クレジットカードだと値引き交渉はまず無理です。
    • 現金で当日全額払えない場合は手付金(deposit)をその場で払うほうが話がまとまりやすいでしょう。手付金は$40から$200以上まで、お財布の都合とお店の必要な額のバランスで決めましょう。なお、キャンセルの場合に手付金を返してもらえるか聞いておくことは大事です。トラブル防止のために、手付金の領収書にGIAのReport Numberなど宝石の詳細を書いてもらってください。
    • 小切手でも買えますが、価格交渉で物をいうのはキャッシュです。
    • あちらの店ではもっと安かった、と言うのは有効です。嘘は避けて正直に。
  • 近日中にセールがあるかどうか聞いてみる。チャイナタウンの宝石屋は旧正月など祝日の前に値段を下げる傾向があります。店ごとのキャンペーンもあります。そういうイベントが近日中にあるのなら、同じ値引きをいち早く適用してもらえるかもしれません。
  • 礼儀はわきまえて。相手はチャイナタウンの宝石を安く売っているお店ですが、相手も人間です。偉そうにせず、敬意を持って店員に接するほうが結局は得をします。

データ

本当に多くのお店がありますので、あちこち見学してください。写真はここで撮りました。

  • 店名:恆生珠寶金行(Lai Hing Jewelry)
  • 所在地:13 Chatham Square, New York, NY 10038

濃厚度

普通です。

濃厚度のご案内

当ブログでは、チャイナタウンにあるお店を「濃厚度」という軸で3段階評価しています。こんな感じで分類しています。

薄い:店内の中国人率は半分かそれ以下。店員がそこそこ英語を話し、レストランでは「お勧めの料理は?」のようなフリースタイル会話でも対応できる。箸が使えなくてもフォークが出てくる。味も外国人向けにしてあることが多いので、チャイナタウン初心者でも安心。

普通:中国人率が7割前後。レストランのメニューは英語と中国語で書いてあるので英語で注文しても大丈夫だが、あまりややこしい内容には対応できない。日本人が行くと最初は中国語で話しかけられる。

濃厚:店内のどこを見ても中国人ばかり。メニューは漢字だらけで英語は通じないことが多い。中国人以外は相手にしたくない、という鎖国のような態度をとるお店もあるが、身振り手ぶりで一生懸命意思疎通をはかってくれるところもある。

以前から読んでくださっている方はご存じかと思いますが、最近予想外にアクセスが多いためにきっちりと書いてみました。

香港式ミルクティー

香港式ミルクティーという飲み物があります。高級そうな名前に反し、実はB級グルメな大衆の飲み物です。香港系洋食レストランなら必ずありますし、パン屋にも置いてあります。

街歩きの途中、気軽に香港式ミルクティーをテイクアウトできるのはこちらの超旺餅屋糖水店。ちなみにここは、もともと阿旺餅屋糖水店(Ah Wong Bakery)という名前だったところ、大人の事情で最近店名を変えました。

こちらで買えるミルクティー、茶葉から濃く煮出した紅茶を甘くしていただきます。若者が集まる周辺のタピオカティー専門店に比べるとおしゃれ度は低いですが、これからの季節は香港式アイスミルクティーもおいしいですよ。

データ

  • 店名:超旺餅屋糖水店(Super Wang Bakery)
  • 所在地:42 Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

普通です。店内のメニューは中国語のみですが、英語は通じます。

実用中国語

  • 香港奶茶 香港奶茶 xiānggǎngnǎichá 香港式ミルクティー