ごあいさつ(2011年版)

ブログ運営が2年を越えました。2年前からご覧の方も新しい読者の方もご愛読ありがとうございます。

ブログを開始してからしばらくは一日のアクセスが数十で、マニアックな内容にしてはよく読まれていると思っていましたら、「NY チャイナタウン」で検索順位がトップになったあたりからアクセス数が急上昇しました。

このブログを印刷して持ち歩く方をたまにチャイナタウンでお見かけするようにもなりました。ありがたいことです。

ブログについて

ニューヨークに住んだり訪れたりする人にとって、チャイナタウンは意外に知られていないところです。「チャイナタウンに行った。ジョーズ上海の小籠包を食べた。次はゴールデンユニコーンに行きたい。終わり」のようなコラムやブログは星の数ほどあるのに、そこから一歩踏み込んだ情報はまったくと言って良いほどありません。NYのガイドブックを見ても同じような店のオンパレードで辟易します。

かといってガイドブックが悪いかといえばそうでもなく、英語が通じるお店、それもアメリカ人向けに味付けをするお店を消費者が選び続けた結果、この状態があるのでしょう。

このブログで紹介するお店は、「濃厚度:薄い」という断りがない限りは中国人向けです。英語が通じないのは日常茶飯事、愛想もなくサービスという言葉も存在しない。それでも客が集まるお店を選んでいます。

紹介するお店はすべて筆者が1年以上通ったところです。上に書いたような事情ですべての方におすすめできるお店はありませんが、良い面と(あれば)悪い面の両方を客観的に書くようにしています。気を付けているのが書いた後のフォロー。特に閉店情報には目を光らせています。

あと細かいこだわりですが、写真には人の顔を入れないことにしています(チャイナタウンには写真を撮られると具合の悪い人が多い)。建物内部の写真、特に陳列棚や内装は許可を得て撮っています。

情報をお待ちしています

  • おすすめ情報 → おいしいお店がある、いい医者がある、眺めのよい場所がある。なんでもお知らせください。特に歯医者と会計士の情報はありがたいです。
  • チャイナタウンの気になる場所、あの建物はなんだろう → ご一報くだされば見に行きます。

筆者について

ニューヨークの米企業で働く日本人です。30代男。住んでいるところはチャイナタウンに隣接したトライベッカ。中国語はチャイナタウンの開拓をするには困らない程度でまだまだ勉強中。

最近フラッシングに興味が尽きないのでもっと北に引っ越そうかと画策しています。

著作権について

このブログ中、私の書いたすべての記事はクリエイティブ・コモンズのCC BY 2.1ライセンスで利用してくださって結構です。

簡単に言えば、原作者のクレジットを表記すれば商用を含めて利用可能です。対価を請求することはありません。

例外として、読者様投稿記事に関しては投稿者の方に著作権が帰属し、CCライセンスは適用されません。ブログのコメントも同様です。

関連記事

2009年版のごあいさつ:NYチャイナタウン濃厚ガイド: ごあいさつ

14 コメント:

  1. 2年目おめでとうございます。
    いつも楽しく拝見してます。これからも頑張ってくださいね!
    フラッシングはなかなかいいですよ。マンハッタンに比べて匂いもキツくないし、食べ物もマンハッタンより美味しい思います。

    返信削除
  2. 2周年おめでとうございます。
    もっとお年の方かと思っておりましたが同年代とは…笑。
    いつの日か粵江春でお会い出来ます様に。

    返信削除
  3. 中国人の嫁さん

    こんにちは。

    フラッシングはMandarinがどこでも通じていいのですが、そのぶんMandarinができなければ人にあらずのような雰囲気があって、いつもプレッシャーを感じます。

    Mandarinを練習しに夏休み中ちょこちょこ通うつもりです。

    返信削除
  4. moetaさん

    えーっ、年寄りに見えますか? 文体がジジ臭いのか……特に「~である」とか書いているからでしょうか。顔文字使ったら若く見えますか?(。-_-。)

    文章を書くのが苦手なんです(><) 本当はしゃべるほうが得意です。

    粵江春は好きなお店で書くキューにたまってます。かた焼きそばを注文している日本人がいたらそれは私です。

    返信削除
  5. ひもやくさま。

    いつも楽しく読ませていただいています。

    最近Mott stの魚に挑戦してみてるのですが、鮭の切り身以外はことごとく失敗。

    おいしそうなカマ(魚は不明)も泥臭くてムリだったし、きいたことのあったティラピアという魚もハーブを詰め込めるだけ詰め込んでも臭くてびっくりでした。サバ類は鮮度も心配で手を出せず。

    もしひもやくさんが他にもお勧めの魚屋さんや、お勧めの魚の種類があれば、ぜひ教えていただけるとありがたいです。

    フラッシングは殺伐としてなくてお勧めです!サンセットパークも比較的きれいで売ってるものがすごく新鮮でよかったですよ。

    わたしもマイナーなチャイナタウン開拓が大好きで、もっとブログでも書いていきたいと思ってます。

    返信削除
  6. Mahoさん

    いつも皆様のブログを拝見しています。ずいぶん濃いところによく行かれるとかねがね思っておりましたが、こちらもご覧くださっているとのことで光栄です。

    サンセットパークは時間の流れがゆっくりでいいですよね。上↑の写真はサンセットパークで撮りました。

    夏のチャイナタウンで魚はめったに買わない私ですが(グリーンマーケット大好きなんです)、このあいだ買った太刀魚はおいしかったです。おいしい魚屋の話はよく聞かれますので、においに負けず探索してきます。

    返信削除
  7. ひもやくさま

    夏のチャイナタウンの魚屋は勇気が要りますよね。太刀魚!好きなので試してみます。

    チャイナタウンには写真を撮られるとまずい方がいることは頭にありませんでしたので、わたしも写真を撮るときは礼儀として気をつけなきゃいけないなと思いました。ありがとうございました。

    これからもひもやくさんのチャイナタウンへの愛情の詰まったブログを楽しみにしています!

    返信削除
  8. Mahoさん

    あと、自分で釣ってきた魚を路上で売る人もチャイナタウンにはいますね。ちなみに、チャイナタウンとは関係ありませんがAcme Smoked Fishで毎月一度スモークサーモンを買いこむのが私の習慣です。もしまだでしたらお試しください。

    Vickyさんと皆様によろしくお伝えくださいませ :)

    返信削除
  9. ひもやくさん!!!!!!

    ACME,迷子になりつつ昨日の朝イチで行ってきました!そして新鮮な味と地元感に感激して、それだけでもうよい1日になりました。教えてくださってありがとうございました。何回か通えたらアップしようかなと思います。

    チャイナタウン路上で売ってる誰かが自分で釣ってきた魚を買うのは、かなーり怖いですね…

    はい、ヴィッキーもみんなも、読んでくださってうれしい、ひもやくさんによろしくお伝えくださいと申しておりました;-)

    返信削除
  10. Mahoさん

    そうでしょうそうでしょう、AcmeはMahoさんに気に入っていただけるとふんでいました:-) Greenpointは大好きな街で、ほかにも楽しいお店がいっぱいなのでAcmeの帰りに散策なさってください。

    Mahoさんのブログに登場する黒いマンゴー、気に留めたこともありませんでした。食べられるんですね。私も今度試してみます!

    返信削除
  11. こんにちは。

    今年、10年ぶりのニューヨークと思い、ブログ村を見ていてこちらに来ました。

    香港に居住しているものです。

    こちらのブログの内容、面白いですね~。
    廣東語もちらほら見えますが、どうも香港の廣東語とは違うようですね~。またコレも面白いですね。
    10年前は、廣東語も北京語も英語もできませんでした・・・
    こちらのブログを見ていると、なんだか俄然ニューヨークに行くのが楽しみになってきました。
    私の廣東語は果たして通じるのか?ちょっと心配。

    また、参考にさせて頂きます。

    返信削除
  12. abbie-hkさん

    10年前は広東語(廣東語のほうがそれっぽいですね)がメインだったチャイナタウンですが、最近はどこでも普通話が通じるようになってしまいました。それでも頑固者はいて、八百屋に行ってマンダリンで「白菜をくれ」と言っても広東語で「サンマン」と言われたりします。うれしい。←頑固おやじが好き

    お越しをお待ちしています!

    返信削除
  13. なるほど。
    おもしろそう。

    私が話す言葉は廣東語というより、香港語に近いと思います。廣東省の廣東語じゃなくて、香港独自の廣東語。
    英語表現が混ざってて、廣東語表記できない言葉ばかりです。
    一応、北京語が解るので、文字はどう書くかは解りますが・・・。

    今日、銅鑼湾でニューヨークのガイドブックを買いました。

    ほーんと、ニューヨークに行くのが楽しみです!!
    じっくりこちらのブログを参考にさせて頂きます!

    返信削除
  14. 香港語っていうのがあるんですねえ。知りませんでした。中国の言語は本当に大変です。

    銅鑼湾、行きたいです。銅鑼湾からすぐのスターフェリー乗り場にタクシーで行こうとしたらそのまま九龍まで連れて行かれたことがあります。言葉が通じなかっただけかもしれませんが、ただボッタくられただけのような気もします(笑)

    香港を全面に出したお店は茶餐廳のM Star Cafeがありますが、そこに行くまでもなくチャイナタウンにはあちこちに香港がころがっています(ように私には見えます)。どのへんが香港と同じで違うのか、よろしければご旅行後に教えてくださいませ。
    http://blog.ny-chinatown.net/2010/05/mcafe.html
    http://www.mstarcafeinc.com/

    返信削除