深夜も営業、利口福

今日登場してもらうのは利口福。ガイドブックにもよく登場する有名店だ。Bowery沿いに目立つ看板を出していて、入ったことがないにしても見たことがある人は多いはず。

お粥と麺が有名で、ご飯ものもある。味は普通においしいレベルであるものの、実力派の揃うチャイナタウンでベストかと言われるとたぶん違う。固定ファンも多いお店だが他にベストの候補が多すぎるのだ。

ところがこの利口福が真価を発揮するのは夜9時から。ほかのベスト候補が軒並み閉店する中、利口福は午前3時(週末は4時)まで営業している。これはありがたい。Lower East Sideでさんざん飲んだ後にこのお店まで歩けばラーメンがある。お粥もある。お茶も出てくる。

午前2時頃に行くとそのような境遇の客がいる。酔客ばかりではなく普通に夜食を食べに来たような客も少なくないからチャイナタウンは謎だ。そしてここの熱いお茶を飲むと翌日も元気に起きられそうな気がするのも不思議。

データ

  • 名称:利口福(Great N.Y. Noodletown)
  • 所在地:28 Bowery, New York, NY 10013

濃厚度

中。観光客が多いしメニューに英語が書いてあるので中国語ができなくても不自由はしないが、意外に英語が通じない。めげずに身振り手振りで行きましょう。

0 コメント:

コメントを投稿