犬肉を販売?

先週のニュースから。

犬の肉がNYチャイナタウンの精肉店で売られているという「証拠」をつかんだミネソタ州のテレビ局が問題の肉屋に電話をかけた。「Dog meatを売ってますか」「はい売ってます」

別の新聞社が電話をあらためてかけたら、「犬肉なんて売っているわけがないじゃないですか、ここは中国じゃないんですよ」という反応になった。

テレビ局は州の農産物局にも連絡したが、結局「犬肉を販売している形跡は認められなかった」ということで無罪放免。電話のインタビューは「dog meatが中国人店員にはduck meatに聞こえたのではないか」ということになり一件落着、というのが現在までの報道だ。

英語の報道はここで終わっているのだが、中国語の星島日報によると、この肉屋には「Fxxking Chinese」や「中国に帰れ」など一方的な抗議の電話がかかってきているという。これを書いている私は犬と暮らす身であるし犬を食べるなんて想像もしたくないけれど、抗議がエスカレートして反チャイナタウン運動につながらないかと心配している。

関連リンク

(想像力の豊かな人にはこの中に犬が見えるのかもしれない)

0 コメント:

コメントを投稿