ヤクルトのそっくりさん

写真は韓国Vilac社の製品だが、なぜか手書きの商品札は「養楽多」つまりヤクルト。ヤクルトのそっくりさんにヤクルトという名前をつけて売るというのはずいぶんな商売である。

ちなみに、香港スーパーマーケットではたまにヤクルトの試飲をやっている。この間は紹介係のおばさんが「日本製の本物ですよ、中国や韓国のものではないですよ」と言いながら売っていた。

0 コメント:

コメントを投稿