ベビーカステラの屋台

チャイナタウンに行くとところどころでベビーカステラの屋台を見かける。ベビーカステラは和製英語らしく、こちらの屋台は「egg cake」「Hong Kong mini cake」などの名前がついている。香港では鷄蛋仔という。

歴史をひもとくと、ベビーカステラは約30年前にチャイナタウンに上陸した。場所はのちにB.B.Q Expressになる小さな屋台で、おばさんが一日中ベビーカステラを焼いていた。いつも行列ができている人気店だったが、2001年9月のテロのころに前ぶれなく閉店してそのままになってしまった。

時は流れ、ベビーカステラの屋台はチャイナタウンの風物詩になり卵と粉の匂いに誘われた人々が列を作っている。他のお店も徐々に紹介するが、一番観光客が多いのはCanal St沿いにあるこちらの屋台だ。おいしいときはおいしいし、駄菓子レベルの味のこともあるが15個で$1ならば上等である。

データ

  • 店名:玲記新鮮即做小蛋糕(Ling's Fresh Made Sweet Mini Cakes)
  • 所在地:208 Canal St, New York, NY

濃厚度

薄い。観光客スポットだが地元の中国人客も多い。

参考リンク

かつて存在したベビーカステラの有名屋台について。

4 コメント:

  1. 可愛いミニカステラですが、お味はいかがですか?15個で1ドルなんて、チャイナタウンならでは、ですね。今度買ってみよ〜

    返信削除
  2. ぽりんさん、こんにちは。

    味は日本の屋台のベビーカステラ(ミニカステラ? 鈴カステラ?)と同じだと思います。材料をケチっているせいか、たまに凹んでいたり空洞があったりするのはご愛敬!

    返信削除
  3. SFチャイナタウンにもありますよ。知る限り、15年程前から。マレーシアの中華街(というか中華系がおおいところ)にもありました!

    返信削除
  4. minさん

    おおすごい、勉強になります。設備投資も最低限ですし、もっとあちこちにあっても良いくらいですが。

    カスタード入りにしてついでに生クリームも乗せて、ストリートフェアに出してみたいです。

    返信削除