Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

チャイナタウンのカーサービスを使いこなす

チャイナタウンのカーサービスを過去に数回紹介した。良いところも悪いところもあるのでまとめてみたい。

カーサービスとは

マンハッタン外に住んでいる人にはおなじみ、リムジン(リモ)と称される自動車サービスだ。電話をかけて住所を言えば迎えに来てくれる。空港の送迎によく使われるが、近距離でも対応してくれる。メーターはなく距離で料金が決まっている。

チャイナタウンのカーサービスを使うメリット

  • 安い。業者と行き先にもよるがたいていイエローキャブより安い。マンハッタンのダウンタウンからJFKは$33から$38が相場。
  • 道をよく知っている。イエローキャブの運転手に比べて道路の事情に通じている。抜け道にも詳しく有料道路は避けるのが普通。
  • 自動車内がきれい。逆にイエローキャブの車内はどうしてあんなに臭うのだろうか。

デメリット

中華系業者のすべてに問題があるわけではないし、中華系以外でも問題のある業者はあるが格安な業者は概してこういう傾向がある。

  • 時間どおりに来ないことがある。ギリギリのスケジュールで運用しているため、配車が遅れやすい。
  • ライセンスの問題。カーサービスは自動車と運転手の両方が営業用ライセンスを持っている必要があるが、そのあたりが微妙な車が来ることはある。
  • 英語が通じないことがある。住所だけ通じれば良いと思うが気になる方はいるだろう。もっともイエローキャブでも英語がろくに通じなかったりもするが。

使いこなすコツ

  • 電話の受付係は驚くほど客のことを覚えている。長い関係を築くと良いこともある。
  • 時間制の料金もある。マンハッタン内1時間$25から$30が相場。
  • 往復割引はある。
  • 高額のチップは期待されていないが、礼儀として。
  • 朝の通勤など、毎日使うような場合はいろいろと交渉してもよい。

関連記事

バブルティーとおにぎりと(葉風)

中国人の間で日本のものが人気なのは皆さんご存じのとおり。チャイナタウンのスーパーに行けば日本のお菓子やシャンプーが売られているし(例1例2)、名前に「の」が入っているお店もある(例3)。

そういうわけでこの看板をご覧あれ。日本人のソウルフード、おにぎりもチャイナタウンのバブルティー屋で売られているのだ。日本人相手の商売ではなくおにぎりが中国人に浸透していることがわかる。

3個セットのおにぎりは注文したその場で若い店員が作る。チープな味わいながら意外と悪くない。普通の日本人は少し歩いてSoHoのサンライズマートに行くだろうけど……。

店内は小さく、持ち帰り専門店と思ったほうが良い。

データ

  • 店名:葉風(Teado)
  • 所在地:145 Hester St, New York, NY 10002

濃厚度

中。中国人ばかりの店だがみんな英語を話すので安心してどうぞ。

国勢調査に見るチャイナタウンの将来

2010年に行われた米国の国勢調査は、ある意味チャイナタウンの将来を暗示するものとなった。

国勢調査の結果によると、前回調査の2010年からチャイナタウンの人口は8%減った。厳密に言うと国勢調査に回答した人数が8%減ったということで、回答していない人口が多数いるのではないかという指摘もある。たしかに中国大陸から不法移民としてやってきてチャイナタウンのStudioに6人で暮らしているような労働者が国勢調査にまともに答えるわけがない。

ただし不法移民が回答しないのは10年前でも事情は同じなので、チャイナタウンの人口が減少しているというのは否定できない事実なのだろう。

人口減少の原因としてまず考えられるのが不動産価格の上昇だ。このあたりの不動産価格は2001年のテロで暴落したが、その後は上昇する一方。チャイナタウンはレント・コントロール対象の建物が多いとはいえ家賃は徐々に上がり、低所得者層には住みにくい街になってきている。

中国語しかできない移民層にしても、チャイナタウンに住まなければいけない理由はない。ブルックリン、クイーンズ、さらにはスタッテン島にまで中国人居住区はある。高い家賃、狭いアパートメントのマンハッタンに住み続けることを中国人が選ぶかどうか。国勢調査の結果を見れば結論は明らかだ。

マンハッタンの中国人人口は増加傾向にあるので、チャイナタウンはその人たちの情報ハブになって生き残って行くのかもしれない。あるいは中国人が郊外に移り、チャイナタウン自体は横浜中華街のように中国人以外と同和して中国人色の少ないチャイナタウンになってゆくのだろうか。

次回の国勢調査は2020年。チャイナタウンの真ん中を突っ切るSecond Avenue Subwayの計画も固まっているだろうし、それに合わせて人の流れも変わっていくのだろう。

時代の変化を見るのは寂しいが楽しくもある。変化の方向が国勢調査に答えないような層にとっても良いものであることを願う。

参考文献

太平洋水族館

チャイナタウンのはずれを越えてLower East Sideに入ったあたりに忽然と登場する「太平洋水族館」。日本語の水族館とは違い、中国語では金魚などを扱う観賞魚のお店も水族館と呼ぶそうだ。

それにしても「太平洋」。街の商店が大風呂敷を広げたような名前だし実際に店構えも小さいのだが、いざ店内に入ると意外と大規模だ。

普通の金魚から熱帯魚まで各種の魚が手に入るのはもちろんのこと、水槽・ヒーター・餌など魚を買うためのものはすべて手に入る。店員も知識が豊富なのでいろいろ聞いてみても良い。というより向こうから話しかけてくる。そして値段はチャイナタウン価格で安い。

こういうチェーン店ではないお店がちゃんと生き残っているのがニューヨークのいいところ。大事にしたいですね。

データ

  • 店名:太平洋水族館(Pacific Aquarium)
  • 所在地:46 Delancey St, New York, NY 10002
  • ウェブサイト:http://www.pacificnyc.com/

濃厚度

薄い。

Hop Kee(合記飯店)

チャイナタウンには観光ガイドブックに必ず登場する店というのがあって、この合記飯店もその一つである。そのせいもあり店内の客は観光客と地元の非アジア人が多い。店員のサービスもアメリカのダイナーのようにやたら愛想が良い。もっとも、健康的なウェイトレスが出てくるダイナーとは違い、ウェイターはくたびれたおじさんばかりである。

客層に合わせているのだろう、味も周辺のレストランとは違い、良く言えばマイルド、悪く言えばパンチに欠ける。八角のようなスパイスの味がしないのはもちろんのこと、にんにくや生姜の味も抑えてある。

広東語を話さない限り、テーブルにつくと定番のものだけ載っている簡易メニューが差し出される。日本語も書いてある。指定すればもっと品数のある英語メニュー、さらにリクエストで中国語のみのメニューも、ということでこのあたりのエピソードはNY Timesの読者投稿欄、Metropolitan Diaryのネタにもなっていた(和訳)。

Panda Express式のアメリカンな中華料理が好きな人にはおすすめだ。最初に氷水が出てきて最後にフォーチュンクッキーをもらえるのもアメリカ式のもてなしである。一皿の量が多いのもアメリカ式で、これが半分の量で半分の値段ならありがたいのだけれど。

データ

  • 店名:合記飯店(Hop Kee)
  • 所在地:21 Mott St #B, New York, NY 10013

濃厚度

薄い。

フラッシングモールの99セントショップ・BANZAI

マンハッタンのあちこちに99セントショップなるものがある。ニューヨークに来た頃は「お、100円ショップのアメリカ版だな」と思っていたけれど、皆様ご存じのように99セントショップと100円ショップは似て非なるもの。役に立たないものしかないのであった。

フラッシングモール一階奥の大きなスペースを占めているのがこのBANZAIだ。よくある99セントショップとは毛色が違い、店内には日本の100円ショップと同じようなものが並んでいる。キッチン用品に食器、文房具のような生活雑貨、さらには資生堂のシャンプーまでいろいろだ。なお、看板のいうような99セントの商品はあまりなく、ちょっと目を引くものを手に取ると$1.99や$3.99だったりする。

日本人の感覚ならお店にバンザイという名前はつけないかな、と思ったらやはり日本の会社ではないそうだ。ともあれ、一見の価値はあるので近くにいらっしゃった際はぜひ。

データ

濃厚度

中くらい。