Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

チャイナタウンで募金活動中の尼さんが逮捕される

バックパックで世界を旅行して、お金が足りなくなったら少し路上で商売して、なんて考えたことのある人は多いだろう。実行するときに注意をしたほうが良いかも、という話。

APの報道によると、チャイナタウンのCanal StとMott Stの交差点で寄付を募っていた尼さんが逮捕されたという。

まず背景から。

この尼さん、1996年に仏教の布教活動でアトランタにやってきた。ところが今年の3月に自分のお寺が火災に遭い、再建費用の3万ドルを寄付で賄おうとした。募金活動の場所に彼女が選んだのはマンハッタンのチャイナタウン。Canal StとMott Stの交差点という人が多いところを選んで街頭に立った。中国人も仏教徒も多いから良い場所には違いない。寄付をしてくれた人には数珠をあげていた。この数珠、50セントの価値というから文字通りの粗品である。

ところがどこを誤解されたか、この尼さんが逮捕されてしまった。無許可販売の容疑で。

警察はこの活動を「アクセサリーの販売」と受け取ったらしい。ライセンスがないという理由で逮捕、記事中に英語が流暢ではなかったというニュアンスがあるので釈明もあまりできなかったのだろう。その場にいた通行人が彼女に代わって説明するも警官は聞く耳をもたず、4時間にわたって拘束されたとのこと。

結局は無事釈放ということになるのだが、「6か月間問題を起こさなければ」という条件付きなので完全な無罪放免になったわけではない。

弁護を無料で引き受けたBrown弁護士のコメントは「カトリックの修道女がロザリオ(数珠)を配っていたのならまた話も違ったはず」と。

Diversityという言葉がこれだけよく使われるニューヨークでも文化の壁は厚い。後味の悪い事件ではあるが、世界の人が誤解なく共生できるにはまだまだ時間がかかるのだろう。(写真はクイーンズのお寺にて。本文と直接の関係はありません)

リンク

サイゴン・ベトナミーズサンドイッチ

ニューヨークではベトナム式サンドイッチ(バインミー)がブームである。チャイナタウンでは何年も前から数店が営業していたが、最近はその何倍にも増えた。

設備投資が少なくてすむので開店もしやすいが、競争も激しい。この一年で多くのお店がつぶれたのも事実である。

チャイナタウンのベトナムサンドイッチ業界でここ数年ずっと人気度一、二を争うのがこちらのお店。サンドウィッチが売れすぎて、そして小さいお店が混みすぎて、昨年現在の場所に移転した。

今の場所は広いのだが、金魚の水槽が置いてあったり店内スペースにヒスイ屋が店を出していたり混沌としていて落ち着かない。とはいえチャイナタウンに落ち着く場所があるのかと言われると困るのだが。

人気店だけあって味に間違いはない。アメリカではあまりお目にかかることのない大根もうれしい。欲を言えばパンにもっと個性があればいいし作り置きはしてほしくないけれど、$4と少しのファーストフードでは文句も言えまい。

データ

濃厚度

薄い。観光客もたくさん。

チャイナタウンのAgnès b.

Agnès b.のNYオフィスはチャイナタウンとトライベッカの境目にある。事務所があるのは中華系の弁護士・医者や会社が多く入居するビルの16階だ。このビル、掲示物はすべて英語と中国語のバイリンガルである。

お店はここにないのでサンプルセールなどのイベント時にしか入ることはできないが、Agnès b.と中華系雑居ビルの取り合わせが面白い。

もちろんトイレの入口も「女」である。

腸粉の屋台・2

以前紹介した腸粉屋台。今回紹介するのはその向かい側にある屋台で、ここも腸粉が主力商品である。道を挟んで客の取り合いをしなくても良いと思うのだが、人通りが多くて屋台を置ける場所は限られるのだろう。

向かい側のお店がその場で作るタイプの腸粉を売っているのに対し、こちらは蒸した腸粉が食べられる。

作り置きなので出てくるのは早い。メニューをご覧いただければわかるように腸粉以外のものもある。おすすめは3個で$1の茶卵だ。

データ

  • 店名:腸粉の屋台
  • 所在地:71 Elizabeth St, New York, NY 10013

濃厚度

濃厚だ。英語のメニューもないし、英会話もあまり通じない。メモ帳を持って行って筆談するのが一番。

外国人料金?

チャイナタウンではごく稀に外国人料金のようなものを経験する。中国語を話すと少し安くなったり、見た目がアジア人だと安くなったり。ただ露骨な二重価格はほとんどない。

その中で、英語と中国語で違う料金が堂々と書いてあるこの看板は珍しい。インターネットカフェなのだが英語は1時間$3、そして中国語では「会員価格1時間$0.50から」と書いてある。

$3が非会員価格だとすると矛盾はしていないのだが、作為的なものは感じる。

このお店、閉店してしまったので真相を探りに行けないのが残念だ。

フラッシングの豚足屋

フラッシングで豚足といえば、韓国料理のチョッパルが思い浮かぶ。薄切りにしてお酒のつまみにするアレである。

豚足料理は中華圏にもあり、特に台湾の豚足ご飯は屋台料理として名高い。そして濃厚スープで煮込んだ豚足が買えるのがここのお店である。

豚足はコラーゲンがいっぱいで皮がプルプルしている。そのまま食べるのがいちばん良いと思うけれど、ご飯やお酒のお供にもどうぞ。大きなものをかじるのが中華式だと思うが、写真の豚足は韓国式にスライスしてもらった。

このお店、看板のとおり「猪」(豚)が主力商品ではあるが、牛肉から鶏のモミジまでいろいろなものが揃っている。個人的には豚足が一番おいしいと思う。

データ

  • 店名:迦南地美食
  • 所在地:135-02 Roosevelt Ave #6, Flushing, NY 11354

濃厚度

濃い。看板もメニューも漢字だけだ。ただし韓国人客もいるので英語は通じるようだ。棚の中を指さすだけだから難しく考えなくてもよい。

街頭広告、ならぬ街灯広告

入居者募集の貼り紙はよくあるけれど、チャイナタウンではそのまま街灯に書いたりする。紙を使わないぶんエコですね(嘘)。

Fishion Herb Center

有名すぎて今さらと言われそうだが、Fishionのマッサージをご紹介。

チャイナタウンにはマッサージ屋が星の数ほどあるのだが、人に安心して勧められるところは少ない。そこそこ清潔で、女性客もいて、英語も通じて、さらにクレジットカードも使えるところがどれだけあるだろうか。このFishionはその数少ないところの一つである。知る人ぞ知る、ということはなく有名店だ。

場所はMott Stの飲食店が並ぶあたり。看板のある道路から小道を入って入り口に到達するのだが、まず「Legitimate massage only 色情免問」という文字が目に入る。変なサービスはありませんよ、ということだがそこまで強調しなくても、と思ってしまう。妙な期待をしてくる客が多いのだろうか。

いざ店に入ると最初に予約の有無を聞かれる。スパでは予約が普通だがこの手のマッサージ屋では珍しい。週末などは予約なしだと入店できなかったりするから人気店の風格を感じさせる。男性マッサージ師もいるので気になるならあらかじめ言えば良い。平日でも電話をしてから行くほうがスムーズだ。

料金は値段は15分ごとに$10。

データ

  • 店名:惠生中医薬中心(Fishion Herb Center)
  • 所在地:107 Mott St, New York, NY 10013
  • ウェブサイト:http://fishionherbcenter.com/

濃厚度

薄い。複雑な英語は通じない相手もいるが、気にしない。