楽しい?飲茶の金豊Jing Fong

金豊に行かずしてはチャイナタウンの飲茶を語れない。有名店であり巨大であり、窓のない店内で点心をつまむと自分がニューヨークにいることを忘れそうになる。

このレストランに行くなら週末のランチが面白い。受付で10分から30分も待たされるのは普通だし、ワゴンもなかなか回ってこないものの200人近くが一つのホールに会する光景は壮観である。

ワゴンを待ち構えても良いが、お目当ての品が来ないときは自分から取りに行っても構わない。さらに大根餅などを焼いている一角があり、ここに行くと熱い食べ物が手に入る。貝料理の汁がたれないように自分で運ぶと気分はチャイナタウンのウェイターだ。

こういうわけで週末は落ち着いてものを食べる雰囲気ではないが、話のタネに一度はいい。ゆっくり味わいたい人は平日に行くと空いているし料金も安い。

データ

  • 店名:金豐大酒樓(Jing Fong Restaurant)
  • 所在地:20 Elizabeth St, New York, NY, 10013

濃厚度

中くらい。英語は通じる。

2 コメント:

  1. 香港みたいな飲茶店ですね。

    窓が無いのはいつものスタイルですね。香港人的にはものすごく落ちつく空間のようです。ありえないインテリアのオンパレードですがそれが飲茶店みたいです。

    今日、鏞記という超有名な廣東料理の店に行きましたが(ミシュラン☆☆らしい)ほぼ似たインテリアでした。全然センスなくて逆に感動しますが、油汚れも酷いので単純なデザインで清掃しやすいものにしてるのかなぁ、と。
    アメリカのこういう所、いってみたいです。
    きっと香港人と間違われるだろう・・・。

    返信削除
  2. abbie-hkさん

    ありえないインテリアが中国式なのは想像がつきましたが、窓がないのも本場式なんですね。チャイナタウンにはまってから香港に行っていないので、一度行って見比べてみたいです。

    シャンデリアがあるお店もありますが、あれも油の掃除が大変そうだなと想像します。(掃除してるのかな)

    返信削除