電気がついた! さて最初の言葉は

現在ではほとんど復旧したが、ハリケーンの関係でチャイナタウンは数日にわたって停電した。電気がついた瞬間の喜びの声を中国語の新聞が伝えている。それによると住民は「神様に感謝」や「阿弥陀仏(あみだぶつ)」と叫んだらしい。

なんとかの神頼みという言葉はあるけれど、意外と中国人は信心深いのでありました(チャイナタウンにお寺もあるしね)。

私は停電より断水がきつかった……。お風呂はインターネットより大事であることを痛感いたしました。

参考リンク

中國評論新聞:斷水停電之苦終結束 紐約華埠又亮了!

0 コメント:

コメントを投稿