Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

MSGアレルギー

ある日の会話。

"That sushi restaurant was pretty good. We should hang out again soon"(この間のスシレストラン、すごく良かった。またどこか連れてってよ)
"Sure, would you like to try soup dumpling in Chinatown?"(チャイナタウンの小籠包はどうよ)
"Oh sorry, I am allergic to MSG"(ごめんね、味の素アレルギーなの)

チャイナタウン好きの諸氏はこういう会話をしたことがあるに違いない。特にアメリカ育ちの女性からこれをよく聞く。MSG(グルタミン酸ナトリウム=味の素の主成分)アレルギーとは何なのか。

まずは米国政府の見解を見てみよう。MSGはGenerally recognized as safe、つまり「通常の使用は差し支えない」というカテゴリーに入っている。塩と同様、普通に使用するぶんには問題ないが大量に摂取すると良くないということだ。

ではMSGアレルギーは実際にありうるのだろうか。以下のケースが考えられる。

(1) 店がMSGを入れすぎの場合。MSGは大量に摂取しても味覚ではわかりにくいため、知らず知らずのうちに口に入ることはありうる。

(2) 客が特異体質の場合。本当にグルタミン酸ナトリウムに身体が過剰反応する人はいるそうだ。

(3) その他精神的な要因。または意図的な言い換え。中華料理が嫌い、チャイナタウンが嫌い、寿司のほうが良い。

至高の舌を持っているわけではないので話半分に聞いてもらいたいのだが、チャイナタウンでMSGが多めの料理はいくつか経験したことがあるものの多すぎは見たことがない。なので(1)は除外。

特異体質の(2)は実際に存在するそうだ。ただしその場合、醤油にさえグルタミン酸ナトリウムが入っているのでMSGの粉末が入っていなくてもおそらく中華料理は食べられない。

すべてのケースがそうでないにしても(3)の場合が多いのではないかと思い、実際に聞いてみた。答えてくれたのは上の会話に登場したアメリカ人女性。

ひもやく「今度みんなでブルックリンにベトナム料理に行こうかと思うんですが」
女性「行く行く」
ひ「MSGアレルギーという理由でこの間の飲茶会を休まれましたが、ベトナム料理は大丈夫ですか?」
女「うーん、正確に言うと中華料理アレルギーかな。油っこいし、チャイナタウンは何が路上に落ちているかわからないし」
ひ「つまりMSGアレルギーというのはチャイナタウンに行きたくないというのをファンシーに言いかえたものですか」
女「そうね」
ひ「チャイナタウンアレルギーと呼ぶことにしたらどうですか」
女「それはダメ。私が人種差別主義者みたいに聞こえるじゃない」

と、この人は(3)であることを認めた。

チャイナタウンに行きたくないと言うと中国人差別的な響きもして良くない。そこで「MSGアレルギーです」と言えば上品な香りもしてだれも傷つかない、というところか。

なお、チャイナタウンでは「No MSG」と注文のときに言うと普通は対応してもらえる。醤油その他に含まれているためグルタミン酸ナトリウムがゼロになるわけではないが、どうしても気になる人はお試しを。

天旺大飯店

ガイドブックによく登場する大旺(Big Wong)をはじめ、チャイナタウンには旺のつく食堂が数軒ある。チェーン店というわけではないのだがどのお店も似たようなメニューなのが面白い。

天旺大飯店の得意料理はお粥、麺、肉のせご飯。高級なものが出てくるわけではないが普通においしい。特に朝から行って濃いお茶を飲み中華粥を食べると一日の活力が出るというものだ。

Pike St近くという観光客が少ない場所にあり、英語はあまり通じない。そのぶん店員はのんびりしている。

以前ここで食事をした後、店を出てぶらぶら歩いているとウェイターが走って追いかけてきた。はて、チップが足りなかったか、と身構える私に店員は「あなたのですね」と忘れ物のノートを渡して走り去った。遺失物が出てこないニューヨークにありながらこういうことが起こっても不思議に感じない、そういう店である。

データ

  • 店名:天旺大飯店(New Wong Restaurant)
  • 所在地:103 E Broadway, New York, NY 10002

濃厚度

中くらい。メニューには英語が書いてあるし中国語ができなくても問題ない。

治外法権ではありません

マッサージ屋の看板を掲げているが実際は成人男子向けにマッサージ以上のことをしていたお店。そういうところが摘発された後の光景である。

チャイナタウンにはその手の風俗店が多く存在するが、ニューヨークを含めて米国のほとんどでは違法だ。そしてたまに手入れがある。

このブログ宛てにもこのようなお店についてたまにご質問をいただきますが、ここは日本ではないことを認識の上、慎重に行動をしていただければと思います。"Never think about trying these places unless you know what you are doing"

餃子工場で冷凍餃子を・鴻新餃子

このブログでは過去に製麺所や豆腐工場を取り上げた。工場とはいっても、どこも小規模で作業場に近い。

今日は餃子工場に行ってみよう。ここでは中国人のおばさんが餃子を手作りしているキッチンで冷凍餃子が購入できる。近くのスーパーでも同じものが買えるが、無料で工場見学ができると思えばお得だ。

店頭には漢字のメニューしかない。作業場に入ると英語の訳もある。もっとも英語が通じるとは期待できないので指差しが基本だ。餃子は種類が多く、スパイシー餃子まであったりしてユニークだが、餃子をにぎっているおばさんにお勧めを聞いたら「ニラ餃子か白菜餃子」とのこと。結局はスタンダードなものが良いらしい。

味は淡白め。つなぎが多め。私は以前紹介した皇牌食品のほうが好みだが両方食べてみてください。

データ

  • 店名:鴻新餃子(Hua Du Dumpling Shop)
  • 所在地:69A Eldridge St, New York, NY 10002

濃厚度

濃い。

関連記事

不法滞在でもOK、携帯電話の広告

労働許可がない。信用がない。問題ない。そう書かれているのは携帯電話の広告だ。

私がアメリカに来たとき、携帯電話を買おうと思いCingular(現AT&T)の営業に電話をかけた。

「携帯電話が欲しいんですけど。安い機種で、色は白がいいです」
「ソーシャルセキュリティーナンバーは」
「そんなものはありません」
「ではダメです。ナンバーが取れたらまた連絡ください」

友達にはチャイナタウンに行けば大丈夫だと言われたが、当時の私はチャイナタウンに足を踏み入れるのが不安で行かなかった(後悔している)。

不法滞在者の是非は置いておいて、ソーシャルセキュリティーナンバーやクレジットカードがない人でも携帯電話が作れる受け皿があるのはいいことだ。

DVDを買う話

DVD屋に行った。ここのおばさんは英語ができない。以下は私のつたない中国語会話。

私「この日本の映画、試写させて」
店員のおばさん「はいよ。ほらちゃんと映るだろう。止めていいかね」
私「音声も聞かせてくださいよ」
店員「音声ったって、これ広東語のDVDだよ。あんたわかんないでしょ」
私「日本語があればいいんです」
店員「日本語わかるのかい」
私「日本人ですよ。中国語が下手でしょ」
店員「日本人の客は見たことがないよ。日本のDVDもあるのに、どうやったら日本人の客は来てくれるのかね。友達を連れてきてよ」

チャイナタウンにはあちこちにDVD屋がある。開店閉店が多いため現状把握が難しいが合計20軒くらいだ。このほか路上に商品を並べる売人もいる。

値段は1枚$1から$8までとまちまち。安いものは袋に入って売られていて海賊版のような風体だ。高いものは本物っぽい箱に入ってはいるが、印刷がゆがんでいたり変な日本語が書いてあったりしてどうもあやしい。

システムはどこのお店も同じで、DVDの現物やカタログを見て選べる。まとめ買いしたら値引きがあるのも共通だ。返品不可などと書いてあるが、タイトルやパッケージだけを見て試写もせず買っていく客が多い。それなりに信頼関係ができているのだろう。

商品の90%は中国語オンリーだ。中国の映画やドラマなどで画質は悪い。

たまに日本産の映像もある。アニメが多く、特にクレヨンしんちゃんとちびまる子ちゃんが古典的な人気だ。吹き替えが主で、中国語をしゃべるしんちゃんが見られる。

ごくたまにあるのが日本の映画やドラマをDVD化したもので、これは日中バイリンガルのことが多い。ディズニー関係はめったにない。締め付けが厳しいのだろう。

こういうDVD屋、数はどんどん減っている。ネットにアップロードされた中国映画も多いから時代の流れなのだろう。

今週金曜日から。チャイナタウン・レストランウィーク

以前お伝えしたチャイナタウン・レストランウィークが3月9日(金)から始まろうとしている。この期間は参加レストランでコースのディナーが$18.88で食べられる。

参加店は高級店から格安店まで幅広い。中華だけではなくベトナム料理やマレーシア料理もある。日本食(?)レストランも。

全体的に見ると、このブログに出てこないような店が多い(理由はご想像におまかせします)。私は通常$5くらいしか使わせないお店に行こうと思っている。$18出したらどんなものが出てくるのかが気になるので……。

参加レストラン一覧

  • 中華系料理
    • 喜運来大酒家 Delight 28 (28 Pell St)
    • 麒麟金閣 Golden Unicorn (18 E Broadway)
    • 波記潮州小食 Grand Bo Ky Restaurant (216 Grand St)
    • 随縁 HK Wonton Garden (79 Mulberry St)
    • 百味龍蝦屋 Lobster Boat (11 Mott St)
    • 新旺城酒家 Lucky Plaza Restaurant (81 Chrystie St)
    • 南華茶室 NomWah Tea Parlor (13 Doyer St)
    • Peking Duck House (28 Mott St) ランチのみ
    • Red Egg (202 Centre St)
    • 上海人家 Shanghai Gourmet (23 Pell St)
  • 日本?料理
    • 帝皇居日式火鍋小食 Emperor Japanese Tapas Shabu Restaurant (96 Bowery)
    • Mika Japanese Cuisine & Bar(150 Centre Street)
  • ベトナム料理
    • 芽荘越南餐館 Nha Trang One (87 Baxter St)
    • 越之味 Pho Grand (277c Grand St)
    • 火車頭越南餐館 Xe Lửa Vietnamese Restaurant (86 Mulberry St)
  • マレーシア料理
    • 新馬来亞餐廳 New West Malaysian (48 Bowery #26)

関連記事

蒸し物専門、Golden Steamer

ここはチャイナタウンの中心部にある蒸し物のお店。肉まんやあんまんなどの蒸し物もあるし、かぼちゃまんのようなモダンなものもある。

お店の前には花巻やチョコレートまんの袋が山積みしてある。6個で4ドル弱だ。店内には肉まんの袋がある。チャーシューまんもある。その場で食べるなら湯気の出る温かいのも1個から買える。

パンもある。ソーセージパンやマヨネーズ味のコーンパンなどなど、日本の惣菜パンに近い。かわいらしい小型サイズで3個$1.25。子供のお小遣いで買える。

値段だけを見て安物だと思ってはいけない。余計な混ぜ物をしていない正統派の味で誰にでもおすすめできる。

唯一残念なのは店内に食べるところがないことだ。歩きながら食べるか家に持って帰るか。すぐに食べたい私にとっては悩ましいところだ。

データ

  • 店名:蒸包皇(Golden Steamer)
  • 所在地:143A Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

中。写真入り英語メニューもあるし、安心して行こう。