Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

おばさん2題

今年最後はチャイナタウンで働くおばさん二人のことを書きます。後半には未成年の方に不適切な記述があります。写真はフラッシングの駅で、本文とは関係ありません。

その1。中華料理店の従業員

おばさんはチャイナタウンのレストランでウェイトレスをしている。朝11時の開店前から夜9時の閉店後まで立ちっぱなしで働く。時給は$5にも満たず客からのチップが収入源だ。

クリスマスも出勤した。ニューヨークはクリスマスに閉店するレストランが過半数だが、「チャイナタウンは年中無休だし、チップも多めにくれる人が多いからね」と笑う。

彼女の生きがいは高校生の一人息子だ。アメリカで育った息子は完璧な英語と中国語を話す。英語はメニューの説明しかできない母親とは対象的である。ニューヨーク市トップクラスの高校に在学し弁護士を目指すという。

おばさんに「クリスマスに家にいなくていいのかい」と残酷とも思える質問をしたら「家にいないのは毎年のことだからね」と言う。息子にサンタクロースが来るのかどうかは聞けなかった。

その2。夜の仕事。個人営業

おばさんは5年前にニューヨークにやって来た。中国北東部の出身で、両親と夫と9歳の息子が中国にいる。話を聞いていると30歳前後らしいのだが見た目は40を超えている。化粧の濃さがさらにおばさん度を高めている。

おばさんはアパートメントの自室で毎日客を取る。電話の受付も自分でする完全な個人営業だ。客は常連が主でたまに中国語で新聞広告を出す。

取り締まりはないのかい、と言うと「常連客相手に商売をしている間は大丈夫。新聞広告を出すのは怖いが、客が増えるのでやっている」のだそうだ。

そこそこの収入はあるが生活はつましい。稼ぎは中国の家族に送るからだ。家族はこの仕事を知らないことになっているが、英語もできないのにアメリカで毎月数千ドルを稼いでくるお母さんを息子はどう思っているのだろうか。

いろいろ話してもらったのでこちらも気がとがめ、おばさんに少々の現金を渡した。食事をごちそうしてくれたからいいよ、とおばさんは言う。中国語を教えてもらったからさ、と押し付けると「英語を教えてよ」と言う。

クリスマスは客が来ないので休業。クリスマスが終わればまた1年間働くよ、と意気込むが、いつまでも続けられる仕事でないのは本人が一番よくわかっている。

誰にでも新年はやってくる。2013年がこのおばさんたちにとっていい年でありますように。一年のご愛読ありがとうございました。

中華カラオケに行った

チャイナタウンにはカラオケがあって、日本語の歌も少しある。日本語の歌が歌える中国人がたまにいて、またそれがうまかったりするから嫉妬を感じる。

画面はほのかに中華風。らりるれろゎいうえおんつ。ゎが小さい。

最新とはいかなくてもそこそこの曲は入っている。フォントが微妙に変だったりするが気にしない。いきもの。

実はこのカラオケを大々的に紹介しようかと思っていたら、大人の事情があって概略に留めなくてはいけなくなった。今度は別のカラオケ店をちゃんと紹介します。

フラッシング行きのバスは今日も通常モード

まずは業務連絡。このブログは週二回の更新を1年半も続けていたのですが、このたび3回ぶん臨時休業をいただきました。初めはすぐ治ると思った風邪だったのですが意外に長引きました。

さて今日の更新。

筆者はチャイナタウンからフラッシングに行くバスをよく使う。ふたり連れのときはカーサービス($20)も使うが、一人だとバスの$2.75という値段は魅力的だ。

これはチャイナタウンとフラッシングの乗り場でバスが客を待ち、20人集合したら出発するというシステムである。1人めになったら待ち時間は10分くらい、20人めになったら待ち時間はゼロ、という具合だ。

21人めになったときはどうするか。次のバスに乗るのが正しいのだが、頼めば助手席にも乗せてくれる。法律で定員が20人なので事故の際に保険がどうなるのかは知らないが、助手席は空間も広く快適なので人気がある。

さて私、この週末は22人めだった。客が少ない夜なので次のバスが出発するまで20分待ちか、と暗い顔をしていると運転手が「乗っていいよ」と日本の銭湯で見るようなプラスチックの椅子をくれる。事故にあったら真っ先にお陀仏な上に保険もナシか、と思いながらマイクロバスの入り口の床に椅子を置いて客となったのでした。

写真が暗いので見にくいが、下にあるキャラクターもののプラスチック製品がその椅子だ。早く帰れたし運賃も$2にまけてもらったし言うことなし。

関連記事

四菜一湯(5-Combinations)で東西の食文化を考える

ここはチャイナタウンによくある「料理が4品選べてスープもついて」というお店だ。朝から夜までどの料理を選んでも$4.75、テイクアウトなら$4.25。

店に入る。受付台に行く。お金と引き換えにごはんの乗ったトレイをくれる。料理は60種類となんでもあるのでかなり迷うが、常連客はさっさと食べるものを4品決めて席につく。こういう人はいつも同じ物を食べるのだろうか。

さて、ここに来るたびに気になることがある。

この店は中国人も非中国人も来るのだが、受付を見ていると器用に英語と中国語を分けて対応している。そして英語の客にだけ聞く言葉がある。

「ウォーター? ソーダ?」

中国人客にはなにも聞かずにトレイを渡す。そして中国人客は無料のスープをもらい、英語の客は取らない。

狭い範囲の観測だが、中国人は食事中に水を飲まない。お茶も飲まない人が多い(飲茶は例外)。飲むのはスープ。そして正しいスープは味が薄くて喉が乾かない。

よく思い出してみれば、私が子供の頃は食事中に飲むのは味噌汁のみで水もお茶も飲まないものだったけれど、これは日本全体がそうだったのか我が家のローカルルールだったのか。

データ

  • 店名: 四菜一湯(5-Combinations)
  • 所在地:195 Centre St, New York, NY 10013

濃厚度

中。チャイナタウンの入り口に近いだけあって中国人以外の客も多い。料理を盛ってくれるおばさんもそれなりに英語ができる。