Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

中華カラオケの案内係は多事多難

英語しかできない白人の団体を連れて中華系カラオケに行ったんですが、カラオケが人生初めての人ばかりですっかり案内係でした。人が歌っている曲をうっかり止めてしまうのは朝飯前。画面が中国語ばかりなこともあり、変なボタンを押して店員がやってくるアクシデントもありました。

女1「なんか古い曲ばっかりなんですけどー」
店員「香港の歌なら新しいのが入ってるんですが」
女1「無理!」
男1「江南スタイルならあるんじゃね? 香港から近いだろ」

で、曲の選択メニューから「コリアン」を指定しましたところ、これが登場。

じゃーん。

人気の街食堂・美如春

美しきこと春のごとし。立派な名前ですが、実際は普通の街食堂です。扱っているものは麺類、餃子、肉まん類、スープなど。よくあるタイプのお店です。

普通の食堂とはいっても、30人は座れる大きな店内は客足が途絶えることがありません。実力と信頼のしるしです。写真は水餃子と拌麺(スープつき)。両方あわせて4ドルでお釣りがきます。

基本は中国語だけの店内です。新しくて大きな店舗なのに濃厚系なのは貴重なので大事にしたいものです。

ちなみに新装開店する前の店舗は映画「ニューヨーク、アイラブユー」の舞台になりました(詳細)。

データ

  • 店名:美如春(Spring Restaurant)
  • 所在地:29 Catherine St, New York, NY, 10002

濃厚度

濃厚です。メニューは英語も書いてあるので指差しでなんとかなります。

チャイナタウンの話題・11月30日

アメリカ在住の方はサンクスギビングデー、いかがでしたでしょうか。私はお呼ばれしてターキーをいただいてきたのですが、そこでの会話。

ホスト「このwishbone(叉骨)が……」
私「fishball??」

どれだけ頭がチャイナタウンなのかと。

パスポートなしで行ける外国|Life in the moment - ニューヨーク通信

「あ、でもこの方のブログによるとマンハッタンチャイナタウンもかなり面白いようなのですが。きっとまだまだ私のチェックが足りないのでしょう。。(この方のブログ大好きです)」

どんな方かと思えば私だった!

NYに米東海岸初のメイドカフェ、女性客にも人気 | 世界のこぼれ話 | Reuters

チャイナタウンに開店したのに接客が英語と日本語というのはこれいかに。

感恩節華埠長巴客滿 餐館訂餐多 | 新唐人電視台 視頻節目 新聞視頻 今日大紐約

サンクスギビングデーのチャイナタウンは例年どおり混雑していたそうで。クリスマスも例年混雑しています。

法拉盛又一金店遭劫 社區加強警力 | 新唐人電視台 視頻節目 新聞視頻 今日大紐約

チャイナタウンとフラッシングの宝石店で強盗被害が相次いでいます。英語のメディアは情報が少なめなのが気になります。

Lobster at Lucky Plaza – NYC | Bionic Bites

Lucky Plaza Restaurant(新旺城酒家)のロブスターは2尾で$16。安い。

チャイナタウンの話題・11月23日

Do You Care About Chinatown Restaurants’ DOH Grades? | Midtown Lunch: Downtown NYC

ニューヨーク市では保健局の検査結果をレストランの前に掲示しなければいけないのですが、チャイナタウンでは最高の成績「A」を取ったのが半分ほど。意外と成績は良いと思うのですが、市全体では80%のレストランがAを取っているのだそうです。

Chinatowns Renew Push for Traditional Gateways - NYTimes.com

横浜も神戸もサンフランシスコもチャイナタウンには門があるのですが、ここニューヨークにはそれがありません。だったら作ろうか、という話。私はいらないと思うのですが。

Chinatown for Vegetarians: 'Beef' Cooked in a Pumpkin | Serious Eats : New York

ベジタリアン飲茶、佛有緣點心素食之家の紹介。

Chinatown: the next front in the gentrification war | Michelle Chen | Comment is free | theguardian.com

マンハッタンのチャイナタウンが家賃高騰のあおりで危機に瀕しているというGuardianの記事。真面目系。

Exploring NYC's Chinatown & Little Italy with Ahoy Food Tours | Traveling 9 to 5

チャイナタウン・リトルイタリーをめぐる食ツアーの体験記。こちらは以前読者プレゼントを提供してくださいました。

ニューヨーク珍道中 ★4日目後半★夜のチャイナタウン・ジョーズシャンハイ・ジャズクラブ ★キテレツテッチのひとりごと★

やっぱりジョーズシャンハイは人気ですねー。

朝9時飲茶@Flushing : グンジ家の食卓

朝飲茶の価値を分かる人が少ないのですよ。

世界新聞網-北美華文新聞、華商資訊 - 華埠上海人家推出食節菜色

中国語新聞の上海人家の紹介。

チャイナタウンの話題・11月18日

紅葉の季節だと思ったらもう寒かったりして、ニューヨークの秋は短いですね。今日もネットからチャイナタウンの話題を拾ってみます。

M Star Cafe - Baked Chicken Portuguese Style - Real Cheap Eats NYC

M Star CafeのBaked Chicken Portuguese Style。ここのBaked Chickenは名前から想像できないものが出てくるんです。ポルトガルには存在しないPortuguese Styleというのは日本で言うトルコライスみたいなものでしょうか。

ワンタンヌードル。 : グンジ家の食卓

私の仕事場はランチの選択肢がほとんどないところで、チャイナタウンの近くで働けるというのはうらやましいです。

New York ’s 6 Best Foods For $1 « CBS New York

$1の外食は意外と存在します。チャイナタウンはProsperity Dumpling、そしてフラッシングのCorner 28が登場。

普選日 華人投票熱情超初選 | 新唐人電視台 視頻節目 新聞視頻 今日大紐約

市長選の日のチャイナタウンの様子を動画で紹介です。中国人が中国語を使ってニューヨークの市長に投票して、さらにそれをニューヨークの中国語テレビが放送して。すごい。

世界新聞網-北美華文新聞、華商資訊

6月から営業停止処分になっていた長距離バスの会社、Lucky Starが復活。バス停周辺の商店はバスの客で潤っていたので復活を歓迎しています。

The Government ’s Cheap, Dishonest Campaign Against the Chinatown Bus Industry - The Daily Beast

チャイナタウンバスは危険だから営業停止処分になるのかというと、チャイナタウンバスが狙い撃ちで摘発されるという話も。

Exhausted Workers Recall Minimal Efforts to Enforce a Minimum Wage Law - NYTimes.com

チャイナタウンの暗い面といえば労働者の賃金問題。格安でこき使われる人がたくさんいます。以前に書いたおばさん2題に続いてチャイナタウンの人々のことをもっと紹介したいのですが、気が重くてなかなか筆が進みません。

この魚だんごがうまい

フラッシングは食のワンダーランドです。ジョーズシャンハイのような有名店もありますし、ネットに決して登場しないお店も無数にあります。

この食堂、聲典魚丸小吃もそのひとつ。レストランレビューサイトのYelpにさえその存在がないというレアな場所で、これがネットの初登場。

基本的には麺と肉を中心にした街食堂なのですが、人気は店名にもなっている魚だんご(魚丸)。

このお店、職人が魚だんごを作っているところが見られます。生の魚をさばいて包丁で叩いて、こういうのがあちらではお袋の味なのでしょう。

こうしてできた魚だんごはそのままスープで食べるのが最高です。魚の甘みと苦味が混じった味で、工場で作った魚だんごとは一線を画す味です。

データ

  • 店名:聲典魚丸小吃(Jin Feng Fish Ball)
  • 所在地:41-40 Main Street, Queens, NY 11355

上の写真にはJing Fengとありますが、Jin Fengが正しいそうです。誰も英語表記を気にしていませんが。

濃厚度

かなり濃厚です。壁のメニューは中国語オンリーですし、英会話も通じないでしょう。普通の日本人にとっては筆談が唯一のコミュニケーション手段です。

香港スイーツ、Indessert

チャイナタウンは若い世代もがんばっています。今年の初夏に新しいお店「糖潮流」を開店したのも若い香港人。チャイナタウンではあまり見ないスイーツ専門店です。

メインの商品は糖水という香港デザート。日本でもアメリカでもなじみのない食べ物ですが、基本はゼリーやフルーツなど甘いものにシロップをかけて出すものです。あんみつをイメージすると遠くはないかも。温かいものもあって、これはお汁粉ふう。糖水だけではなくて、マンゴーや小豆が乗ったアジアンかき氷やケーキもあります。

チャイナタウンの古い店は薄暗い店内に蛍光灯が基本ですが、ここは大きい窓から入る光に間接照明。おしゃれですねー。店内も新しくて気持ちいいです。

デザートはものすごくたくさん種類があるのでグループで行ければ理想的。全体的に甘めで値段が張るのはチャイナタウンらしくないけれど、こうやって中華がアメリカに融合していくのでしょう。そういう意味でこの店がアメリカ人ばかりのCivic Centerとチャイナタウンの境界にあるのはとても象徴的。

データ

  • 店名:糖潮流(Indessert)
  • 所在地:1 E Broadway New York, NY 10038

濃厚度

薄いです。お店のおねえさんも普通の英語を話します。それでもちゃんと中国語も通じるのがチャイナタウン流。

Brutus「ニューヨークで見る、買う、食べる、101のこと。」

日本でこの秋に発売されたBrutusという雑誌を親切な方が分けてくれました。

101しかないのね、と思って見てみたら紹介されている場所は微に入り細に入り。500件は超えるのではないでしょうか。チャイナタウンも5か所が紹介されています。

  • Nyonya(マレーシア料理)「NYに行ったときに必ず立ち寄る、お気に入りの場所はどこですか?」郷古隆洋さん
  • Wo Hop(中華料理)「深夜・早朝まで24時間、NYで世界の料理を食べまくりたい!」
  • Hong Kong Supermarket(アジア食材)「インターナショナル・グローサリーに行こう。」
  • Fishion Herb Center(マッサージ)「NYに行ったときに必ず立ち寄る、お気に入りの場所はどこですか?」尾花大輔さん
  • Columbus Park(公園)「NYに日本の友達が来たとき、連れていきたい場所はどこですか?」Curtis Kuligさん

全体的にグッと来るチョイスです。Hong Kong Supermarket地下のインスタント麺売り場が日本の雑誌に登場するとはね。

私の場合、「NYに日本の友達が来たとき、連れていきたい場所」はチャイナタウンに決まっているのですが、これがどうも受けがよろしくない。

相手「おすすめのランチに連れてって」
 →私「チャイナタウンに行こう」
 →相手「アメリカに来たんだからチャイナタウン以外で」
 →結果:West VillageのCorner Bistro

相手「ダウンタウンでディナー食べたい」
 →私「小籠包食べに行く?」
 →相手「台湾で食べたからいらない」
 →結果:Lower EastのBeauty & Essex

相手「なんか飲みたい」
 →私「Whiskey Tavern行こう。チャイナタウンの端にあるんだ」
 →相手「名前がいやだ」
 →私「Apothékeという薬屋をテーマにしたバーがあるよ。これもチャイナタウン」
 →相手「うーん、ほかのところは」
 →結果:トライベッカのAnotheroom

相手「朝ごはんのおすすめは」
 →私「朝から飲茶やってるよ」
 →相手「胃袋にやさしくなさそう」
 →結果:Lower EastのShopsin's(胃袋にやさしくない)

全部これ、違う人です。もっとチャイナタウンの啓蒙活動が必要ですね。

P.S. 130小学校のバイリンガル掲示

ここはP.S. 130という公立小学校。場所はチャイナタウンの中心地です。以前に紹介した雙文学校とは違ってバイリンガルの教育はしていないのですが、掲示物はほとんどが英語と中国語の両方です。

英語ができない親も少なくないという理由が主ですが、中国語のフォントがやたらと大きいのを見るとなにか力関係というかそういう事情を感じます。

別の機会に詳しく書きますが、P.S. 130のまわりには中華系の学習塾がいっぱい。学校が終わってすぐそばの学習塾に行く小学生を見ているとここだけ中国か日本のようです。

データ

  • 名称:P.S. 130 Hernando De Soto
  • 所在地:143 Baxter St, New York, NY 10013

濃厚度

濃いといえば濃いです。中華系の子供が9割近くで校長先生も中華系。友達(金髪の白人)の子供がここに通っていますが、人種の面で区別・差別を感じたことはないとのこと。ニューヨークを象徴する学校です。

チャイナタウンの話題・11月2日

豆腐花を求めてチャイナタウン徘徊 ♡|おっさん女子マルオ

鄺記東湖新興隆の訪問記。

当ブログを紹介していただきありがとうございます! 新鮮で混ぜ物のない豆腐がやっぱりいいですね。スーパーの豆腐と違って二日もすると悪くなるんですが。

ちなみに2週間前のニューヨークで英語を忘れるの記事に出てきた写真は新興隆のできたて腸粉です。

T弁理士のNY滞在日記: Chinatown

マンハッタンのチャイナタウンとフラッシングへ。ツボをついたところを回っておられます。

Food on the Street: The Incredible Visual World of Chinatown, NYC | Serious Eats : New York

このスライドショー、よくできてる。

まとめたニュース : 教師「体を洗うのは誰が手伝ってくれるのかな?」 → 女子児童「パパ」 → 通報 → 父親を射殺

アメリカは多様性を許容する社会のはずなのだけど、ヒステリックに「正義感」を振りかざすことがたまにある。救いようのない話だ。中国語の原文

華人博物館

このブログを書いている私は日本生まれの日本人。労働ビザでアメリカに来てそのままグリーンカードを取った。アメリカは好きでも嫌いでもないが、風の流れに身をまかせていたらこうなった。

風の吹くままに動いてなんとかなるのは私が日本人だからで、中国人ならそうはいかない。ビザなしESTAでアメリカに来ることはできないし、ビザの審査も日本人より厳しいしグリーンカードは大体のカテゴリで待ち時間が長い。抽選のグリーンカードも中国人には枠がない。

それでも中国人はアメリカにやってくるのだが、その苦難の歴史をまとめたのがこの華人博物館だ。差別偏見排斥の三拍子を乗り越えた様子が悲壮感なくまとめられている。

一般の入場料は$10。ちょっとのぞいてみたいだけの人は木曜日に行くとTargetの後援のおかげで入場無料になる。

大きな声でおすすめはできないが、チャイナタウンでは数少ないトイレがきれいな場所なので、そういう意味でキープしておくのもよい(役立ったら募金箱に少しどうぞ)。

データ

  • 名称:美国華人博物館(Museum of Chinese in America)
  • 所在地:215 Centre St, New York, NY 10013
  • オフィシャルサイト:http://www.mocanyc.org/

濃厚度

薄いが展示は全部バイリンガル。

ピックアップ・チャイナタウンの話題

日本から友達がやってきたので「チャイナタウンに行こうか☆」と目をキラキラさせながら言ったら、「もっとちゃんとしたところにしようよ」と言われました……。

Happy Ending Closes for Good; Oliver Stumm Taking Over | Bowery Boogie

Happy Endingが閉店してしまいました。この店自体はまあまあだけど、店を出てから夜中の利口福に友達と行くのが好きだった。

レコードチャイナ:航空券19枚すべて偽物だった!アジア系住民を狙った新型詐欺...

こういう弱者が弱者からお金を巻き上げる詐欺には腹が立つんですが、警察に行きにくい被害者もいるので氷山の一角なのでしょう。

2013.08 New York旅行記 チャイナタウンでランチ&お茶 : おでかけしましょ

スターバックスもお茶を出す昨今、Ten Ren's Tea Timeも健闘しています。

What’s in a Name? Deciphering Chinese Restaurants in New York City | 五香路 Five Spice Alley

中華レストランの名前について。「The name Pig Heaven has always baffled me. But once you step inside its pink interior you realize this restaurant is not for pigs but for people who like to eat them. If you ask me, a more apt title would be Pig Hell –the place no pig ever wants to end up.」笑った。

風俗店がニューヨークにも進出、華人社会のイメージ悪化も=「客引き」に市民不快感 ―米華字紙(レコードチャイナ) - エキサイトニュース

「ニューヨークにも進出」というのは意図的な誤訳に見える。原文(中國評論新聞:假按摩真賣淫蔓延紐約華社 華人形象受損)は「マッサージ店の体裁をした風俗店がニューヨークの各地にできて問題になっている」くらいの意味。元記事はリンク切れになってしまった。

世界新聞網-北美華文新聞、華商資訊 - 華埠「美容院」張揚 警逮4華女

以前紹介したマサジのお店もマッサージ以上のことをしていたという理由で摘発されました。小学校のすぐそばで客引きをしていたのでこれはかなりアウト。

ニューヨークで英語を忘れる

チャイナタウンの屋台前。50代の中国人おばさんと世間話をする。

「広州からアメリカに移民する準備で英語を覚えたのよ。でももう20年前の話でしょ、ニューヨークに来てから全然英語使わないし、英語忘れちゃったわよ」

おばさんの母国語は広東語で、NYのチャイナタウンに移り住んでから北京語がうまくなったという。

日本人がアメリカ留学したら英語は上達しなかったのに韓国語が少し身についた、というのに似ている。

写真は屋台料理の腸粉です。

ピックアップ・チャイナタウンの話題

ネットからチャイナタウンの話題をピックアップしてみました。

ニューヨーク第二のチャイナタウン - HAPPY ♪わんこと楽しい郊外生活

フラッシングと南翔小籠包の紹介記事。「地図が今でも書けるくらい通ったわ。後任の奥様に書いて置いて来れば良かったかも。」→まったくです(笑)

ニューヨーク・チャイナタウンで飲茶 / Yum cha in Chinatown, New York - 地球の片すみで独り言

金豊(Jing Fong)の飲茶。顔が所狭しと並んだアートが金豊の伏線になっているのかな。

The Best Wonton Soup in Manhattan's Chinatown | Serious Eats : New York

チャイナタウンのワンタン麺食べ比べ。優勝は粥麺軒。一口にワンタン麺といってもいろんな種類がありますな。

Kam Hing Coffee Shop Debuts a Chocolate Chip Steamed Sponge Cake | Serious Eats : New York

何十年も一種類しかなかった金興のスポンジケーキに新顔が登場。これは新しい客層が見込めそう。

秋の色、到来

ユニオンスクエアの市場に行くとりんごが山積みである。巨大なかぼちゃもあって、ニューヨークの秋を感じさせる。

ユニオンスクエアの秋がりんごとかぼちゃなら、日本の秋、そしてチャイナタウンの秋に欠かせないのは柿の橙色だ。見た目もきれいだし旬なので値段も安い!

ちなみに2枚目の写真。日本の「ふじ」りんごはチャイナタウンで「富士」になる。「ふじ」より強そうで好きだ。

データ

  • 店名:昌發超級市場(Chung Fat Supermarket)
  • 所在地:4182 Main St, Queens, NY 11355

写真はこのお店。柿はチャイナタウンのどこでも買える。

濃厚度

客層は濃厚だが、ここはスーパーだから会話をしなくていいし安心。

関連記事

サブウェイ・フラッシング店

サブウェイもフラッシングに来るとこうなる。香港か台北に行ったアリバイ写真を撮れそうだ。

店内ではもちろん中国語が通じる。中国人のふりをして注文しようとしたらパンとチーズを選ぶ段階で失敗した……。英語も通じる。

店名の漢字は中国語でサイバイウェイ。字面もいいし、よくできた翻訳である。

データ

  • 店名:Subway #51401
  • 所在地:40-24 College Point Blvd, Suite B227, Queens, NY 11354

Sky View Centerというショッピングモールの中にある。

濃厚度

薄い。

引っぱる拉麺、福昇風味小吃

ラーメンは拉麺、つまり引っぱる麺である。それがこの店の主力商品だ。

生地を丸めて両手で引っぱる。生地の玉が一本の長いひもになる。それをもう半分にたたんでまた引っぱると二本のひも、四本、八本、と繰り返して麺ができる。

作りたて茹でたての麺はおいしい。他の店に比べると少し柔らかめだが、それでもコシはしっかりある。スープはシンプルな味、悪くはないが別に普通。

適当に引っぱっているだけに見えるのに同じ太さの麺ができるのが不思議だ。麺を作っているところは客席から見えないので、見学したければ店の外に出て窓からキッチンが見られる。

裏メニューに具の増量と卵のトッピングがある。

データ

  • 店名:福昇風味小吃・福昇拉面館(Food Sing 88)
  • 所在地:2 E Broadway, New York, NY 10038

濃厚度

普通。客は中国人が多めだし中国語が基本の店内だが、外国人への対応もそれなりにしてくれる。ちなみに中国人中心のラーメン屋は水が出てこない。これ豆知識。

Bassanovaラーメン

つい先月、東京の新代田に店舗があるバサノバラーメンがチャイナタウンに開店した。Canal StとMott Stの交差点からすぐの地下にある。いわばチャイナタウンの心臓部だ。

一風堂やせたが屋といった日系のラーメン屋がニューヨークでたて続けに開店しているが、その波がチャイナタウンに及ぶのは意外に早かった。

主力メニューは3種類で豚濁ラーメン、豚濁和出汁ラーメン、豚濁グリーンカレーラーメンだ。一風堂にあるような前菜やデザートがないのは逆に好感度が高い。

3種類とも食べてみた。どれも普通においしい。豚濁和出汁($14)が私の一押しだけど、魚の香りが強いので好みが分かれると思う。

ラーメン激戦区のミッドタウンやイーストビレッジに店を作れば行列間違いなしだったろうに、チャイナタウンで勝負をするのは文字通りの賭けだ。なにせ周りには$5でワンタン麺が食べられる店が並び、ラーメンが食べたくなる(私だけ?)夜8時には人通りが少なくなる場所である。

とはいえオープンキッチンを眺めているとチャイナタウンの他の店とは比べ物にならない時間をかけて野菜の下処理をしているし、インテリアも良いし、実力通りの評価がされればチャイナタウンを変えていくに違いない。

データ

  • 店名:Bassanova Ramen
  • 所在地:76 Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

薄い。中国人少なめ。

意外と中国、Popeyesチャイナタウン店

ポパイはフライドチキンのチェーン店だ。ニューヨークの繁華街にはあまりなく、裏通りでよく見るイメージがある。チャイナタウンでも街外れにぽつんと店舗が立っている。

このポパイ、実はいつ行っても必ず中国語が通じる。店内でしばらく観察していると、中国人の客が何のためらいもなく中国語で注文し、店員が普通に中国語で応対している。看板の中国語、佰百雞はただの飾りではないのだ。

全米チェーンのポパイがこのように地域に根ざした営業をしているのは面白いと思う。

データ

  • 店名:佰百雞(Popeyes Louisiana Kitchen)
  • 所在地:125 Canal St, New York, NY 10002

濃厚度

普通は薄めだが、たまに英語が微妙な店員にあたる。

日本にも本日開店、バブルティーのChatime

夏のチャイナタウンはバブルティーのお店が多い。冬にはなかったお店が雨後のたけのこのように登場する。観光客も多いチャイナタウンでは実績のない店が一見さん相手に商売してもそこそこ稼げるのだ。

Chatimeはチャイナタウンに二店舗を抱えるチェーン店。台湾を本拠地に世界10か国以上で事業展開する大型チェーンだ。ただしBoweryのお店はDVD屋と同居していたりして世界展開の風格はない。

バブルティーの味は中の上、値段は中くらい。あまり目立たないが、個人的にこのお店を推す理由は日本茶がちゃんとメニューにあるから。その名も「Japanese Sakura Sencha 桜花煎茶」「Japanese Genmaicha 玄米玉露」。桜はあくまでもsakuraで、Cherry blossomなんていう翻訳をしていないのがほっこりする。桜の煎茶にタピオカを入れて飲める場所は世界でもそうないだろう。

さて余談になるが、Chatimeが日本に今日開店した。つくば市なので誰にもおすすめというわけにはいかないが、お近くの方はぜひ。

データ

  • 店名:日出茶太(Chatime)
  • 所在地:22-B Bowery, New York, NY 10013
  • 公式サイト:ichatime.com日本

チャイナタウンの240 Canal St、ブルックリンとフラッシングにも店舗あり。サービスはなぜかフラッシングのお店が一番よい。

濃厚度

普通。英語は通じる。漢字多め。

チャイナタウンの選挙事情

チャイナタウンのブログを書いているといろいろなメールを頂くが、その中に「中国人がニューヨークに増えていくと政治が中国人に乗っ取られるのではないか」という内容のものが増えてきた。ニューヨーク市は選挙シーズンである。チャイナタウンでも選挙活動が繰り広げられているので今回はそのことをざっと書いてみよう。

まずはニューヨークの市長選に立候補した劉醇逸(John Liu、ジョン・リュー)。台湾生まれのニューヨーク育ちの劉は、市議会議員をへて市の会計監査官を経験したことを売りにブルームバーグ氏の後継を目指す。支持基盤はフラッシングを中心としたクイーンズ区で、こちらマンハッタンのチャイナタウンは盛り上がりに欠ける。ここのところ支持率は芳しくなく市長になる可能性は高くない。

チャイナタウンを語る上では外せないのが市議会議員で再選を目指す陳倩雯(Margaret Chin、マーガレット・チン)。香港生まれでニューヨークのチャイナタウン育ちの女性だ。市議会議員はニューヨークを細かく区切った小選挙区制なのだが、チャイナタウン周辺(と金融街と市役所周辺)の選挙区から2009年に初めて選出された中華系議員だ。チャイナタウンはずっと中華系議員を選出していそうなものだが、実際はそうではない。対立候補はこれまたインド人移民二世のJenifer Rajikumar(ジェニファー・ラジクマール)と、移民社会のニューヨークを象徴する選挙区である。

チャイナタウンで選挙運動をするのは中華系だけではない。マンハッタン区長に立候補している白人女性、Julie Menin(ジュリー・メニン)は漢字のポスターをチャイナタウンに掲示して、さらに中華系団体の支持もとりつけて選挙運動をしている。ジュリーを珠麗とはうまく字を当てたものだ。

今回の選挙を見てみると、市長選の立候補者は十数名のうち中国系が劉のみ、会計監査官とマンハッタン区長は中国系の立候補者なし、市議会議員のマンハッタン区(Districts 1-10)の立候補者は20名以上のうち陳のみ。最初に紹介したようなメールに対しては、中国系の立候補者自体が少ない上に、中国系だから当選するというものではない、というお返事を差し上げることにしているが、これで納得していただけますでしょうか?

最近のひもやく

夏はずっとチャイナタウンでボランティアをしていました。サマーキャンプのお手伝いもしましたし、メンターとして中華移民の中高生の相手も継続して行っています。チャイナタウンの一般家庭で食事をいただくことが増え、なんとも皮肉なことにレストランを開拓するきっかけが減りました。秋からまたおもしろい食堂のことを書いていく予定です。

高額バイトのお知らせ

さて上の写真。「荷物を中国大陸まで運んでくれる人、一箱につき$120あげます」

気になるので中国人の友達に聞いてみた。

中国人1「FedExとか平気で一箱$200とかするからねえ。それか書類をすぐ届けたい人のためかな」

中国人2「おいこれヤバいだろ。どこで見つけたんだよ」

どちらが正しいのか検証してくださる読者様を募集します!

フランスワイン$25、イタリアワインは。

酒屋の店頭看板。上から「アルゼンチン赤ワイン2本$14.99、フランスワイン2本$24.99、イタリアワイン2本11.99」とある。

「フランスワイン2本で$25」という大ざっぱな分類もキュートだが、イタリアワインの格が低すぎてかわいそうだ。フランスの半分以下なのは戦勝国と敗戦国の違いだろうか。

チャイナタウンの袋に入ったイタリアワインをもらったら、そういうことですので心してください。

超お得? 泊まってはいけない? Sun Bright Hotel

ニューヨークのホテルは高い。一流で$500以上、寝られればいいから、と割りきって三流のところにしても一泊$200。

なんでも安いチャイナタウンには安宿がひしめいているのだが、言語の壁が厚い上にオンライン予約のできるところがわずかしかないため表には出てこない。例外と言えるのがこのSun Bright Hotelで、男性専用のフロアが定期的にタブロイド紙の紙面に登場する。

値段は一泊$40から。税金などで実際は一泊$50だ。これで一応個室、さらに無料Wifiでお茶が飲み放題となれば最高に思える。ただ難点はこの「一応個室」ということに集約される。2畳ほどの部屋を仕切る壁は高さ2mほどで天井まで届かない。安マッサージ屋とおなじ形だが、防犯のため部屋の頭上は金網が張られ、このせいで一気に部屋が監獄風、または鶏小屋風になっている。

筆者は泊まったことがないが、ネットのレビューによると「ゴキブリがいる」「くさい」「うるさい」という意見が主である。高級コンドミニアムを建てて売ったほうが良さそうな立地条件なので先行きが不安ではある。トイレシャワー共同、エレベータなしというこのような一つ星ホテルもニューヨークに残ることを願いたい。

宿泊された冒険家の方はご感想をお知らせください。

データ

濃厚度

中くらい。最低限の英語は通じる。

関連リンク

野菜も納涼

ゴーヤは氷を頭に乗せて納涼中。

チャイナタウンの八百屋は店頭で野菜を売る。Whole FoodsやTrader Joe'sといった普通のスーパーでは冷房の効いた室内に野菜が並んでいるのと比べると大した違いである。チャイナタウンに配属された野菜はWhole Foodsにいる同期生を羨んでいることだろう。

チャイナタウンは花も団子も

少し前のチャイナタウンは広東語社会だった。今ではどこのお店でも標準中国語(マンダリン)が通じるようになったが、かたくなに広東語を貫くお店もある。花屋の海棠花舗もそうだ。

店内は全部広東語。「ニーハオ」とにこやかに挨拶しても答えは広東語の「ネイホウ」。「この花20本ある?」と英語で聞いても「ハイ」と広東語。

店のルールはわかりましたよ、と「これいくら?」とがんばって広東語で聞いても、それが当然であるかのような態度で「三蚊」と広東語のお答え。

こういう店に来るとうれしくなる。広東語だけでやっていけるだけの実力もあるわけで、そういう点でもおすすめだ。

ちなみに店名の海棠は花のボケのことだそうだ。

データ

  • 店名:海棠花舗(Confucius Florist)
  • 所在地:21 Bowery, New York, NY 10002

濃厚度

濃い。英語も一応通じるという報告あり。

パン屋の弁当・白天鵝餅屋

パン屋を出て3分歩けばまた別のパン屋があるのがチャイナタウンだ。独自の色を出そうとした結果、パン屋だけを売るパン屋はほとんどない。ケーキ、月餅、バブルティー、プリン、かき氷、飲むヨーグルト。いろいろなものがパン屋にある。

このパン屋ではお弁当が買える。お店に入るとすぐパンの棚があるのは当たり前として、薄暗く縦長のお店を奥に進むと弁当コーナーがある。「おかずを選んでご飯を盛って」というオーダーメイドのものもあるし、写真のような丼ものもある。店員はみなさん愛想が悪くていらっしゃるが、客も笑顔がないので実に殺伐とした店内である。

丼は$2.75。安くて老人が多くて、濃厚系の典型的なお店である。パンも弁当も味は悪くない。

データ

  • 店名:白天鵝餅屋(White Swan Bakery)
  • 所在地:24 Bowery, New York, NY 10012

濃厚度

濃い。英語が通じなくて店員の愛想が悪いとくじけそうになるが、中国語で注文しても同じなので大丈夫。

富臨海鮮酒家(Fuleen Seafood)

濃厚なのに高級。そしておいしい。だが広東料理初心者には大変。そういうお店がこの富臨だ。

富臨はチャイナタウンのシーフードレストラン。昔から営業していて外観もずっと変わらない。店内が外から見えず入りにくいが、実は人気の老舗だ。

チャイナタウンでは高級な部類で、ディナーの予算はひとり$30ほど。チャイナタウンの濃厚なお店といえば格安ディナー$5といったお店が多くなってしまったが、あるところにはちゃんとある。

海鮮が有名だが肉・野菜料理もおいしい。事実、魚料理はメニューの半分くらいだ。広東料理ではないものもメニューに散見されるが、これはあまり良くない。お勧めを英語で聞くとそういうものをチョイスされるので、これまた良くない。

とはいえ、4人以上でいろいろ注文して取り分ければ失敗も少なかろう。

お値打ちなのはランチスペシャルでこちらは$6。一品料理にスープとごはんがつく。格安ランチだからといって手は抜かず、作り置きではない料理がやってくる。

そうそう、席について最初に出てくるのはちゃんとしたプーアル茶。こういうおもてなしもうれしい。

データ

  • 店名:富臨海鮮酒家(Fuleen Seafood Restaurant)
  • 所在地:11 Division St, New York, NY 10002

濃厚度

濃い。英語はあまり通じない。漢字を見つめて自信を持って指差し注文してください。

チャイナタウンバスの微妙な補助席

チャイナタウンからフラッシングに行くバスは20人乗り。これは法律で決まっていて、バスのつくりも必ず両側2人がけ×5列だ。

ところが定員オーバーはそれなりにある話で、私も過去に助手席、床に置いたプラスチックの椅子に座ったこともあったし(フラッシング行きのバスは今日も通常モード)仮設の椅子がこわれたこともあった(チャイナタウンバスのプチ事故)。

先週あてがわれた席は最後部中央。人間が座るはずのない場所に妙な座布団が置いてある。マッサージ屋の使い古しのようだ。

脚も伸ばせるし快適、と思ったのはつかの間、実は急ブレーキのたびに前のめりになるスリリングな座席でありました。