スパニッシュ・ハーレムはチャイナタウンにならない

レコードチャイナというサイトが「チャイナタウンになりつつある、かつてのスパニッシュ・ハーレム」という記事を掲載し、これがMSNトピックスYahoo!ニュースに配信されネットの掲示板やTwitterで話題になっている(例:ドンテナ国際)。

こういう「釣り」の要素が入った記事にいちいち反応するのは野暮というものだが、かといってチャイナタウンブログがだんまりを決め込むと記事を追認しているようでよろしくない。

結論から書くと、スパニッシュ・ハーレムがチャイナタウンになりつつあるなんてことはないし、当分チャイナタウンになることもないだろう。

レコードチャイナの記事は「2013年2月25日、米華字メディア・美国中文網 (SINOVISION Net)によれば」で始まる。ところがネットで見ると25日の美国中文網にはそういう記事は見当たらない。大紀元時報の25日の記事(英語版:Chinese and Other Asians Moving to East Harlem NYC)が近いがレコードチャイナと内容がぴったり一致するのがNYタイムズの24日の記事「Chinese Moving to East Harlem, Some From Chinatown」である。

  • NYタイムズ:The population of Asian residents, mostly Chinese, has quietly ballooned in the last decade, doubling in the southern part of the neighborhood and tripling in the north, according to census figures... has registered a 68 percent rise in Asian residents in the area's public housing over the past five years, compared with a 33 percent increase in public housing citywide.
  • レコードチャイナ:イーストハーレムに居住する中国系住民の数は10年の間で、南部で2倍、北部で3倍にも増えており……アジア系住民は過去5年で68%増加、ニューヨーク市全体でも33%増加したという。

内容がほぼ同じでしょ? たぶんレコードチャイナの元記事は美国中文網ではなくてNYタイムズ。

ところが、NYタイムズとレコードチャイナの取り上げ方に大きな違いがある。

  • NYタイムズ:While growing rapidly, the numbers in East Harlem remain low compared with the city's other thriving Asian enclaves in Flushing and Elmhurst, Queens, and Sunset Park, Brooklyn. In the 2010 census, 8.5 percent of residents in the southern section of East Harlem were listed as Asian, up from 4.6 percent a decade before. Further north, the proportion is smaller - 3 percent of the population in 2010 - but the growth was more sudden, up from less than 1 percent in 2000, according to an analysis by the City University of New York's Center for Urban Research.(抄訳:中国系の人口が増えているといってもその割合はNY市内の他のチャイナタウンに比べるとわずかだ。東ハーレムの南部では8.5%がアジア系、北部では3%である。)
  • レコードチャイナ:米ニューヨーク市のイーストハーレムは従来、プエルトリコ系住民が多く居住する地域で「スパニッシュ・ハーレム」とも呼ばれていたが、この地域がここ10年で急速にチャイナタウン化しつつある。

NYタイムズの記事は、アジア系が3倍に増えたといっても1%が3%になっただけでチャイナタウンにはほど遠い、と書いてあるのだがレコードチャイナはこの部分をさっくり省いて現実と違う印象を与えている。

レコードチャイナの内容を一文一文検証してもいいのだが、労力のわりに面白くなりそうにないのでこのへんで終わり。

筆者のひもやくはスパニッシュ・ハーレムにもよく行くが、この界隈はチャイナタウンにはなりえない。センセーショナルなタイトルはいつも眉につばをつけてご覧ください。

写真はスパニッシュ・ハーレムのランチ。色合いが悪いのは写真の腕ではない、はず。

0 コメント:

コメントを投稿