Brutus「ニューヨークで見る、買う、食べる、101のこと。」

日本でこの秋に発売されたBrutusという雑誌を親切な方が分けてくれました。

101しかないのね、と思って見てみたら紹介されている場所は微に入り細に入り。500件は超えるのではないでしょうか。チャイナタウンも5か所が紹介されています。

  • Nyonya(マレーシア料理)「NYに行ったときに必ず立ち寄る、お気に入りの場所はどこですか?」郷古隆洋さん
  • Wo Hop(中華料理)「深夜・早朝まで24時間、NYで世界の料理を食べまくりたい!」
  • Hong Kong Supermarket(アジア食材)「インターナショナル・グローサリーに行こう。」
  • Fishion Herb Center(マッサージ)「NYに行ったときに必ず立ち寄る、お気に入りの場所はどこですか?」尾花大輔さん
  • Columbus Park(公園)「NYに日本の友達が来たとき、連れていきたい場所はどこですか?」Curtis Kuligさん

全体的にグッと来るチョイスです。Hong Kong Supermarket地下のインスタント麺売り場が日本の雑誌に登場するとはね。

私の場合、「NYに日本の友達が来たとき、連れていきたい場所」はチャイナタウンに決まっているのですが、これがどうも受けがよろしくない。

相手「おすすめのランチに連れてって」
 →私「チャイナタウンに行こう」
 →相手「アメリカに来たんだからチャイナタウン以外で」
 →結果:West VillageのCorner Bistro

相手「ダウンタウンでディナー食べたい」
 →私「小籠包食べに行く?」
 →相手「台湾で食べたからいらない」
 →結果:Lower EastのBeauty & Essex

相手「なんか飲みたい」
 →私「Whiskey Tavern行こう。チャイナタウンの端にあるんだ」
 →相手「名前がいやだ」
 →私「Apothékeという薬屋をテーマにしたバーがあるよ。これもチャイナタウン」
 →相手「うーん、ほかのところは」
 →結果:トライベッカのAnotheroom

相手「朝ごはんのおすすめは」
 →私「朝から飲茶やってるよ」
 →相手「胃袋にやさしくなさそう」
 →結果:Lower EastのShopsin's(胃袋にやさしくない)

全部これ、違う人です。もっとチャイナタウンの啓蒙活動が必要ですね。

4 コメント:

  1. rocky2013/11/12 7:18:00

    ブログを拝見して私もブルータス見たくなって、バッグナンバーを探してアマゾンで
    つい、注文してしまいました!いつもいい情報をありがとうございます。
    季節の変わり目、御身体ご自愛のほど。

    返信削除
  2. 次回は実際に焼きそばを作る方法。下ごしらえに比べれば超楽。

    下ごしらえが面白かったので、焼そばの作り方を期待して待っていますが、年を越しそうですね。
    気になっている人は、私だけではないですよね。

    返信削除
  3. rockyさん
    結構いい情報がつまっていて私は楽しめました。クイーンズの情報が少ないのが玉にきずですがこれは仕方ないですね。笑

    返信削除
  4. 匿名さん
    例の記事は超面倒!という反応ばかりでめげていたのですが、気にしてくださった方がいたとは驚きと喜びの両方です。写真を撮って続きを必ず書きます。m(_ _)m

    返信削除