Soup Dumpling

小籠包

Hong Kong? New York.

これでもニューヨーク

Hot Pot

麻辣火鍋

Subway

地下鉄

Congee

中華粥

羊麺を食べて健康になる


羊肉は健康にいいのだそうだ。ダイエットにもなるとかで日本でも定期的にブームになる。

ニューヨークで普通に暮らしていると羊を食べる機会はめったにない。フランス料理でラムを食べたりインド料理でマトンカレーを食べるくらいだろうか。ここはぜひ、大人の味を経験するために食の宝庫、フラッシングに行こう。

場所はフラッシングにある雑居ビルの一室。薬屋と電機屋の間を抜けて刺青屋の手前、昼間でもなんとなく暗い廊下の奥にこの店がある。烩麺という幅広手打ち麺を羊肉スープで食べるのがメインの商品だ。

麺はもっちりとしてこれがスープによく合う。盛大に盛られた香菜が羊肉のにおいと調和する。最初はそのまま食べて、途中から唐辛子を入れて汗をかきながら食べるのがおすすめだ。

英語は皆無の店内だし愛想もないが、そういうのに抵抗がなければぜひ。

データ

  • 店名:滋補羊肉燴面(Lamb Noodle Soup)
  • 所在地:41-28 Main St #E3, Queens, NY 11355

濃厚度

濃厚です。建物自体が濃厚なので店がすぐ見つからなくてもくじけないで。

日本寿司料理学校?

アメリカには中国人と韓国人の寿司職人がものすごく多い。

ああいう人たちはどこから来るのかと思えば、こういうチャイナとコリアな専門学校がちゃんとあるらしい。世の中うまくできているものですね。

日記・公園で焼豚鴨飯をほおばる

平日の午後4時。車でチャイナタウンを通りかかる。朝からなにも食べていないのを思い出して車を停めてもらう。約束にはまだ時間があるし、なにか車の中で食べればよい。

焼豚の華豐快餐店はいつもの行列ができていたのでパスし、入ったのは天旺大飯店。焼豚鴨飯、テイクアウトで。

できるのを待っていると、キッチンからスープのいい香りが。ごく普通の野菜スープが鍋に入っているだけなんだが、体が欲しているようだ。

「スープいるかね」と店のおばさん。「もちろん」と私。コックが火をつけ一煮立ち、香りが強まる。

さてテイクアウトしたものの、このまま移動するのが惜しくなった。焼豚も鴨もいらないが、このスープを飲みたい。公園のベンチに向かおう。

家族連れが多くて炎天下の席しか空いてなかったが、そこで飲む熱々のスープ、実に格別でありました。別になんてことはないスープのはずなのだが、薬膳という言葉が頭によぎる。

食べたもの:焼豚鴨飯とスープ。場所:天旺大飯店。値段:$5.50

靴屋のバイリンガル看板

靴屋の看板。フラッシング方面でバイリンガルというと、もちろん中国語と韓国語だ。中朝国境にある町のようだが、これでもニューヨークなんですねえ。

フラッシングの台湾鉄路弁当

台湾でも駅弁が人気だ。日本の駅弁とは違い、大きな肉をどかっとご飯に乗せた丼タイプのものが多い。

フラッシングの少し奥に「台湾鉄路弁当」つまり台湾の駅弁屋がある。弁当屋なので店内は小さく、テーブルが二つだけ。できれば空いているときに行きたい。

鉄路弁当はまず揚げた豚肉か鶏肉を選ぶ。そこに台湾ソーセージ、煮玉子がついてくる。調理法も台湾と同じで、注文があってから揚げるため肉もからっと仕上がっているのがうれしい。

注文するときは堂々と「ベントウ」と言ってちゃんと通じる。英語メニューも「Ben To」だ。

鉄路弁当は$7。ほかに経済弁当というのもあって、こちらは卵とソーセージがついていなくて$5.75。台湾ソーセージは癖になる味なので一度どうぞ。

データ

  • 店名:新美華便当大王(New Mei Hua)
  • 所在地:133-49 Roosevelt Ave, Flushing, NY 11354

濃厚度

やや濃い。最低限の英語は通じる。

裕利大飯店


チャイナタウンの中心地に大きな店舗を構えるのが裕利大飯店だ。

チャーシュー飯のような格安料理から高級シーフードまでなんでもあり、店頭には鴨が吊るされ魚が泳ぐ。細分化が進む中、こういう店が少なくなった。

選択肢が多くて困るが、間違いがないのは肉乗せごはん。焼豚、鴨、鶏肉などが選べて$5程度。組み合わせたり卵をつけたりバリエーションも多彩だ。ここの鴨は量り売りも人気で、鴨だけを買いに来る中国人をよく見かける。

目立つ場所にあるため、観光客の利用も多い。Yelpなどレビューサイトを見ると観光客の評価は総じて低めだが、ダイエットコークとセサミチキンを頼んで文句を言うあたり、どっちもどっち。

データ

  • 店名:裕利大飯店(Yee Li Restaurant)
  • 所在地:1 Elizabeth St, New York, NY 10013

濃厚度

普通。鴨のテイクアウトは中国語メニューしかないし、濃い薄い両方の顔を持つ店だ。

屋台の焼きそば&チャーハン

チャイナタウンの屋台でガイドブックによく登場するのがMott StとCanal Stの交差点にあるこちらのお店。観光客が一番多い場所にある上に英語も通じるため使いやすいからだろう。

メニューは焼きそば、ビーフン、炒飯、春巻、鶏の揚げ物。脂とデンプンが多めだ。

炒飯ひとつ($1.50)を注文したところ、「チャーハンが残り少ないから半分焼きそばでいい?」と。当然別の容器で来るものだと思っていたら、チャーハンの上に焼きそばをガシガシと盛られた……。おえー。

焼きそばの上にチャーハンを盛るよりは、チャーハンの上に焼きそばが乗るほうが食べやすいという発見がありました。

  • 店名:CanalとMottの屋台
  • 所在地:178 Mott St, New York, NY 10013

濃厚度

薄い。英語でもばっちり対応、バックパッカーみたいなのが列を作る。

近況報告

いやー、空は青いのに余裕がない!

本業1の仕事量が多いのに加え、本業2が加わって、さらに講演を頼まれるままにやって、チャイナタウンに行く余裕がない。

無駄な移動時間を削ろうと友達のお抱え運転手を安く借り受けたら、労働時間が増えてゆとりの時間がさらになくなった。車の移動は街歩きと相容れない。

チャイナタウンは日々の通り道なので、新しい店ができるのを車窓から指をくわえて見ている日々であります。

ブログを書くのは簡単に見えるけれど、ネタを街で拾ったり中国語新聞を読んだり、なかなか手がかかっているのです。日本語メディアに載っている有名店に行って、適当に写真と文章をつけたコピペでできたようなブログとは違いますな。←失礼

本業2は補佐の人を雇ってもらったし、講演は夏はないし、運転手もそろそろ返さなくてはいけないので、チャイナタウンにそろそろ戻れるのではないかと思っております。

日本厚生省医薬食品安全部認可

この赤霊芝という商品。厚生省の医薬食品安全部認可と堂々と書いてある。厚生(労働)省はそんな仕事をしているのか、と思って左上のほうをよく見ると小さく「日本健康・栄養食品協会認定」と書いてある。厚生省じゃない……。チャイナだからしょうがないですけどね。

BBCのチャイナタウン特集に当ブログの画像が!?

英国BBCがチャイナタウンの特集をしている。マンハッタンのチャイナタウンは家賃が高いし押し寄せる開発の波もあって将来はどうなのだろう、という内容だ。ビデオはこちら。

このBBCの画像、どっかで見たことがあるなと思ったら、このブログのタイトル画像と同じところからおなじ景色を撮っている。

こちらが当ブログのタイトル画像(右半分)。

こちらがBBCのウェブサイト。

英国進出か!と思ったけれど、ただの偶然ですね。

ボストンに行ってきた

↑ 写真はロブスターの水槽。生きてる。

古い知人の頼みを断れず、出張でボストンに来た日本人女性2人をご案内申し上げました。で、夕食前の話題。

女1 「ひもやくさん、ボストン名物のロブスターを食べたいんですが、どのレストランがおすすめですか?(*´∀`*)」
ひもやく 「このへんではロブスターをマヨネーズかバターで味付けするけど、本来の味を殺してしまうからもったいないな」
女2 「そういうものなんですか?」
ひもやく 「チャイナタウンに行くとネギと生姜であっさり炒めたロブスターが食べられるよ。豆鼓(ブラックビーンソース)もいいな。あとスープ。洋食のクリーム系はちょっとね」
女1 「えー、チャイナタウン? ほかのところはないんですか?」
ひもやく 「ないなー」
女2 「なんでアメリカまで来てチャイナタウンに行かないといけないんですか!(`o´)」

漫画の世界ならここで

ひもやく 「ふっふっふ、本物のロブスターを食べさせてあげましょう」

となるのだが、そうもいかずに高いだけのつまらない店に(先方の支払いで)行くことになったのでした。

私がホテルに帰ってから一人でこっそりチャイナタウンに行き、朝ごはん用にエビとホタテの炒めものを持ち帰ったのをこの人たちは知るまい。

……で、後で「経費の領収書、遠慮なく提出してください」と言われたんだけど、漢字ばっかりのボストンの領収書をどうしたものか。

【続報】生魚の細菌感染症について

昨日の続き。マスコミ各社は保健局の声明をそのまま流しているだけですが、NY Timesはちゃんと独自取材をしています。

Infections Linked to Chinese Seafood Markets in New York - NYTimes.com

世界日報(中国語)も情報を詳しく流しています。写真多め(グロ注意)。

世界新聞網-北美華文新聞、華商資訊 - 逾30人 華人社區爆海魚分枝桿菌感染

それをまとめると、

  • 30件の症例が報告されている。これだけの大発生は普通ではない。
  • 大発生の原因は不明である。被害者はすべて中華系で、マンハッタン・クイーンズ・ブルックリンの各チャイナタウンで魚を買ったことがある。
  • 潜伏期間は2〜3週間。そのため原因の解明が難しい。特定の魚屋が原因の可能性もあるが複数の可能性が高い。仕入れルートも含めて調査中である。
  • 普通に魚を触るだけなら大丈夫だが、手に傷があると危険。魚の骨や蟹の甲羅などで皮膚に傷がつく可能性があるため厚い防水手袋をつけるのが安全。
  • 抗生物質で治るので異常をを感じたらすぐ医者へ。手遅れになると手術が必要になる。人から人には感染しない。
  • まだ問題が消費者に知れ渡っていない。(頼むよマスコミ)

共同通信も概要を伝えています。

ニュースコメント一覧:NY中華街の魚にご用心 感染症、市が警報 - ライブドアニュース

【緊急】生の魚による皮膚の感染症に注意

今日、ニューヨーク市の保健局(Department of Health)がチャイナタウンの魚について警告を出しました。

Health Department Warns Patrons of Seafood Markets in Chinatowns about Skin Infections From Handling Live or Raw Fish or Seafood

チャイナタウンで買った生の魚に触ることで皮膚の細菌感染症にかかった例が多数報告されているとのことです。生の魚は素手で扱わず、ゴム手袋などをつけるようにという注意がされています。

被害の例はこちら(2ページめの写真):Q&A: Skin Infections from Live or Raw Fish or Seafood Bought at Markets in Manhattan, Brooklyn and Queens Chinatowns

この細菌がいる魚、食べるぶんには安全だとのことですが、これは生食をしない前提だと思います。手で触れない魚を生で食べても無事に済む気がしません。

いまのところ警告の対象はチャイナタウンだけになっていますが、仕入先をたどると他の魚屋や寿司屋もつながっているため今後の報道にも注意です。

週刊チャイナタウントピックス。飲茶を食べてお茶飲んで

ブログの名前のとおり濃厚なお店に好んで通っているのですが、このブログには濃厚な飲茶はあまり出てきません。濃厚な食堂はいつも一人で行きますが、さすがに一人飲茶はきつい。

チャイナタウンB級グルメ:飲茶が俺にもっと輝けと囁いている - Road in New York

昇輝(Ping's Seafood)の飲茶。うまいタイトルつけますね。

Nom Wah Tea Parlor – Chinatown, NYC – Uptown Correspondent, Iman R. Abdulfattah – Fading Ad Blog

Nom Wahの飲茶。白人勢に超人気。

The #1 Blog for NYC's Chinatown | Christina of Chinatown | Top 10 Dim Sum Places in Chinatown

金源大酒樓佛菩提素菜(Budda Bodai)福臨門美麗華(Mei Li Wah)、喜萬年(Grand Harmony)、麒麟金閣(Golden Unicorn)、昇輝(Ping's)Dim Sum Go Go、Red Egg、金豊が登場。

Where to Buy Tea in New York City | Serious Eats: Drinks

ニューヨークでお茶を買えるお店の紹介。チャイナタウンのSun's Organic Tea Shopとフラッシングの芳茗軒(Fang Gourmet Tea)が出てきます。日本茶業界からは一保堂も登場。

Video: The True Tastes of Tea | Serious Eats : New York

こちらも芳茗軒の紹介。たまにストリートフェアにも出店しているので、見かけたらどうそ。

チベットのモモ屋台(Jackson Heights)

チベットは中国本体と民族も食べ物も違います。そのため独立運動が盛んなのは皆さまご承知のとおり。

そういう関係で、チベット料理はチャイナタウンでは食べられません。チベット本国がインドと結びつきが強いのと同じで、チベット料理はインド人街にあります。今回はインド人街、Jackson Heightsにあるチベットの屋台をご紹介。

この屋台、料理は一種類のみ。モモと呼ばれる小籠包に似た食べ物です。小籠包より皮が厚くスープが少ないため、味わいはシューマイに近いです。

モモは8個で$5とこのあたりの物価を考えれば安くありませんが、一日客足が絶えません。チベット人向けに売られている裏メニュー(?)の小麦粉を持ち帰る人もちらほらと。

店頭にはフリーチベットの集会のポスター。チベットの将来はまだまだ明るくないのでしょうが、屋台のおばさんの笑顔が続くことを祈って。

データ

  • 店名:Potala Fresh Momo
  • 所在地:37th Ave & Broadway, Jackson Heights, NY 11372

濃厚度

普通。英語は通じます。

トイレは2分まで。

計ったことがないですが、トイレが2分ってどんなもんなんでしょ。無理そうな気がする。

週刊チャイナタウントピックス。旧正月関係

いきなりですが、パレードの最中にトイレに行きたくなったらどうするか。答えはひたすらがまんする、です。

***くまねこNY通信 ***: チャイナタウンの新年パレード

チャイナタウンのほうもパレードが盛り上がりました。コミュニティ色の強いフラッシングに比べて洗練されている気がします。フラッシングもちゃんと練習したんですが。

NYでアパートメントホテル 旧正月

旧正月のパレード、フラッシングのメインストリートは本当に混雑していました。穴場はUnion Stと41st Stのあたりで、人が少なくて警備も緩やかなためパレードに飛び入りして写真を撮っている人もいました。

Chinese New Year Parade in New York's Chinatown - InsideJourneys

「Everyone loves a parade…especially politicians.」まったくです。日本もそうなのかな。

NYのチャイナタウン。 : kotoba cafe @NY

この時期にチャイナタウンで売られているあのクラッカー、楽しいんです。観光地価格ですが……。

ルナ・ニューイヤーはライオンダンスを観ながら飲茶 ♪ - Dong Yi Feng|Life in the moment - ニューヨーク通信

「じゃあ今年はNYチャイナタウンで盛り上がる!と気合を入れてFlusingにいったら・・・盛り上がってない(T ▽T;)」

フラッシングは例年一週間後に盛り上がります。どちらの週も飾り付けは少なめです。

新年パレードで見た不愉快なこと

(動画:なぜか新年と関係なく独島のプラカードが登場)

旧正月のパレードは国境を越えて新年を祝うものという観点からひとつ不文律があります。それは政治的な発言を避けること。中国の国旗もほとんど見ませんし、中国政府に弾圧されているあの法輪功でさえパレード中は中国共産党を批判しませんでした。お祝いの場にふさわしくないという大人の判断があるのだと思います。

ところが韓国人の一部グループが「独島は韓国のもの」という主張をやってしまいました。「日本は韓国・アメリカ・中国という友人を失いつつある」「日本の商品は買わない」という看板が上の動画で見えるかと思います。

パレードの当日、韓国グループが独島のキャンペーンをやっていると一報が流れたとき、私の周囲の中国人はドン引きでした。これは良識のある人ならおめでたい場所でやってはいけないことなのです。

竹島が韓国領であるという新聞広告を出すのは自由です。韓国料理屋に竹島のカレンダーを飾るのもやればいいと思います。ただ、政治的な主張をするのにふさわしくない場所というものがあるのです。

Some Korean groups,

It was unpleasant to see the float that said "Dokdo belongs to Korea" in the lunar new year parade in Flushing. I am saying this not because of its content. I respect your freedom of speech. However, the new year parade is not the right place to make a political speech but the place for everybody to get together to celebrate the new year regardless of nationality, race or political view. Ask yourself, for example, if you would bring Dokdo placard in your American friend's marriage celebration. Please don't.

旧正月のパレードに参加してきました

日本以外のアジア諸国では旧正月を盛大に祝うのは皆様ご存じのとおり。香港の花火と爆竹は有名かと思います。

ニューヨークのアジア人コミュニティも例外ではなく、旧正月の週末は毎年パレードが街を練り歩きます。いちばん気合が入っているのはフラッシングで、目抜き通りのMain Stとその周辺を全部通行止めにして行われます。

先週土曜日に行われたこのパレードですが、中国・台湾・韓国系の団体に加え警察の騎馬隊やマクドナルドまでが集合、さらに新市長も参加して今年の観客は10万人になったそうです。

さて私は中華系のグループでパレードをする側として参加してきました。1月から準備をして、パレードを一緒にして、終わった後は一緒に郷土料理でパーティーでした。中国語はもちろん方言までアリのグループの中でアウェイ感満点でしたが、みんな外国人の私に優しくしてくれてありがたかったです。

パレードにはリハーサルがなくぶっつけ本番です。要所で警察が(英語で)主催者が(中国語で)ガイドしてくれるので間違いはありませんでした。ヒマな警官は携帯で写真を撮っていましたが。

福祉を食い物にする中国移民たち

(写真とは本文の事件とは直接関係がありませんが、この店頭には「キャンディー・ビール・飲料・電話カード・宝くじ。粉ミルク券が使えます」と書いてあります)

米国の福祉制度にWIC(粉ミルク券)があります。粉ミルクやオムツなどに交換できる券を政府が低所得者層に配布するものです。

子供関係のものにしか交換できないこの券ですが、チャイナタウンの一部の店ではコーラや漢方薬など他の商品にも使えることが公然の秘密になっています。

ここまでなら黒に限りなく近いグレーのようにも思いますが、さらになんと粉ミルク券を買い取ってくれるお店も存在します。たとえば100ドルの粉ミルク券を政府が発行、受給者がそれを80ドルの現金に替えて店が差額の20ドルを受け取る、と。これは明らかに違法です。

でもどうして現金にするの? 子供がいればどちらにしても粉ミルクを買わなければいけないのでは?

そのとおりです。よくある手口は、子供と同居していると申請しつつ、実は子供は中国にいるという仕組み。お役所仕事ですから、粉ミルク券を渡すときのチェックはあまり厳しくないのだそうです。

先日大規模な取締りが行われ、ニューヨーク市内の中国人居住区を中心に25軒の商店が粉ミルク券を買い取っていた容疑で摘発、さらにこの数は増えると見られています。

ここまでが新聞の要約(元記事・中国語)。

アメリカは福祉制度も移民政策も矛盾に満ちています。

諸外国では高学歴・高収入の外国人に永住権を与えるというパターンはよくありますが、チャイナタウンを見ていると低所得の移民が続々やってくるのが実感できます。非合法の移民も多数いて、こちらはさらに低所得。福祉制度も妙なもので、不法移民でも粉ミルク券はもらえます。

不法移民が栄養失調になって救急車を使うとこれも結局医療費が払えないためコストが他人にはねかえる。なので最低限の福祉は必要だというのがその論理ですが、そのぶんが不法移民の現金収入になっているとはびっくりです。

日本でも似たようなことが問題になっているようで(産経新聞の記事)、こちらは現金を役所が配るからさらに危険です。

多くの移民はむしろまじめに生活をしているので一般論を語るのは危険ですが、こういう人たちのせいで移民排斥の動きが出てくるのならば胸が痛みます。移民社会内で自浄作用があればいいんでしょうけれど、そうはならないようで。

週刊チャイナタウントピックス。寒波襲来

↑はチャイナタウンの小学校前の掲示。「雪で閉校かどうかいちいち学校にに聞いてくるなゴルァ」という内容を上品に書いたものかと。

The Bowery Mission Sheltering Hundreds During Cold Snap; No One Turned Away | Bowery Boogie

寒波の最中はBowery Missionがホームレス向けに建物を解放。民間の団体がこういうことを率先するのはアメリカらしいですね。Bowery Missionはたまーに私もボランティアしています。

The Giant Chinatown Snowman Returns! | The Lo-Down : News from the Lower East Side

毎年恒例の巨大雪だるまが今年もチャイナタウンに登場しました。

A Season’s Worth of Cheap Thrills - NYTimes.com

旧正月のパレードは2月2日にチャイナタウンで行われます。フラッシングは2月9日。私も出場します。

紐約曼哈頓華埠發生煤氣中毒事件 六華人送醫_圖片頻道_新華網

チャイナタウンでは一酸化炭素中毒が発生。気をつけて。

こんな寒い日は四川だね 愛 LOVE New York

寒い日には食べるに限りますね。モリモリと。

看板屋がやっちまいました

Pie Pie Q Cafeという新しいお店がチャイナタウンに開店したのですが、こちらが工事中の看板。

ppqcate.com……cafeではなくてcate。英語を知らない中華系の看板屋がやっちまいました。

でも、

開店したら直っていました!

週刊チャイナタウントピックス。タケノコとレンコンなど

おせち献立のご提案 | お料理ダイスキ!ニューヨークおうちごはん

「手間をかける余裕があるなら、実は12月にはチャイナタウンの八百屋にタケノコとレンコンが売っています。ゆでて使うとおいしいし、パックになって売っている水煮のものより安上がりです。」

旬を気にする人の料理はおいしいですよね。チャイナタウンの八百屋では冬から早春にかけてタケノコがでてきます。レンコンはよく見ますがタケノコは出荷量が少ないので見つけたら買っておきましょう。水煮のものとは比べ物にならないくらいおいしいです。

しばらく通いそうなチャイナタウン+カフェ|Life in the moment - ニューヨーク通信

「しばらく理由あってチャイナタウン付近をうろうろすることが多くなりそうです。」

理由がなくてもよろしくどうぞ(笑)

チャイナタウンの歯医者さんに行く - NY発 夢の実現・人間力アップの為のコーチング

チャイナタウンは医者が多いです。無保険にも対応してくれるところが多いのですが、Affordable Care Actの後に情勢は変わるでしょうか。

聖誕前夜 紐約華埠餐館忙翻 | 新唐人電視台 視頻節目 新聞視頻 今日大紐約

(動画)例年通りクリスマスイブディナーはチャイナタウンのレストランが大混雑。456飯店と上海和平飯店が登場しています。インタビューに答えているアヤカさんはは日本人かな。

This Year on Serious Eats New York: The Most Popular Posts of 2013 | Serious Eats : New York

Serious Eatsで昨年の人気記事トップはチャイナタウンとリトルイタリーのまとめだったそうな。ネットに情報が少ないところだからかと。

A hidden cocktail emporium in Chinatown – Apotheke NYC | The Regular Guy NYC

Apothékeの訪問記。チャイナタウンではこういう店がすごく高く感じるんだよなー。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。

ひもやくは年末年始に少し浮気をしてポーランド人タウンで飲んだくれてました。うぃー。