日記・公園で焼豚鴨飯をほおばる

平日の午後4時。車でチャイナタウンを通りかかる。朝からなにも食べていないのを思い出して車を停めてもらう。約束にはまだ時間があるし、なにか車の中で食べればよい。

焼豚の華豐快餐店はいつもの行列ができていたのでパスし、入ったのは天旺大飯店。焼豚鴨飯、テイクアウトで。

できるのを待っていると、キッチンからスープのいい香りが。ごく普通の野菜スープが鍋に入っているだけなんだが、体が欲しているようだ。

「スープいるかね」と店のおばさん。「もちろん」と私。コックが火をつけ一煮立ち、香りが強まる。

さてテイクアウトしたものの、このまま移動するのが惜しくなった。焼豚も鴨もいらないが、このスープを飲みたい。公園のベンチに向かおう。

家族連れが多くて炎天下の席しか空いてなかったが、そこで飲む熱々のスープ、実に格別でありました。別になんてことはないスープのはずなのだが、薬膳という言葉が頭によぎる。

食べたもの:焼豚鴨飯とスープ。場所:天旺大飯店。値段:$5.50

2 コメント:

  1. 今月からチャイナタウンでアルバイトをはじめたものです。
    はじめの頃は絶対手を出さないと思っていた飲食系も、
    毎日目にしていると興味が湧いてくるものですね。
    ただ中国語看板の壁が厚く、ベーカリー以外は入ったことがなかったですが
    これからはひもやくさんのブログを参考にして攻略したいと思います\(^o^)/

    返信削除
  2. いつも楽しみに読んでます。

    返信削除