マッサージ嬢リリーのこと (1/4)

彼女は中国人。

上海の近くの小さな町からニューヨークにやってきた。渡米3年目で二十代後半だ。背が高い。リリーという。

初めて会ったとき、リリーは中国語新聞の求人欄を読んでいた。法律事務所の広告が数多く並んでいる。

「この仕事、給料はいくらなのかしら」とリリー。

「5万ドルくらいじゃないか」と私。

「すごい。私そんなお金見たことないよ」とため息をつく。

「仕事はしているのかい」

「Bodywork」 マッサージ嬢だ。

このあたりの相場だと基本は無給。チップが収入源で一日に100ドル稼げるかどうか。一年で5万ドルにはほど遠い。

「中国でもマッサージをしていたのかい」

「縫製工場よ。中学を卒業してから縫製の専門学校に行った。集団就職してからもずっと縫製。でもニューヨークには縫製の仕事がないから」

「英語はどこで覚えたんだよ」リリーは英語がそこそこできる。

「マッサージのお客さんはアメリカ人が多いから。英語ができたほうがチップをよくもらえる」

「マッサージの仕事は好きかい」

「やめたい。でもほかに仕事がない。国に仕送りしないといけない。お金が欲しい」

 「わかった」私は言った。

「5万ドル稼げるようにしよう」

リリーは怪訝な目で私を見た。

1 コメント:

  1. お世話になっております。
    リフナビ®事務局と申します。

    当方、【リフナビ®】(https://re-navi.com/)
    アジアンメンズエステのポータルサイトを運営しております。

    ありがたいことに、
    【リフナビ®】は、月間、UU38万以上の規模となっております(2019年12月時点)。

    また、メンズエステ求人サイトとして
    【リフジョブ®】(https://rejob.jp/)
    を運営しております。

    管理人様が運営されている、『NYチャイナタウン濃厚ガイド』を拝見いたしました。
    リアルタイムな更新かつ、【リフナビ®】でも懇意に頂いている店舗様の情報もあり、
    とても有効なサイトだと感銘を受けました。

    この度、是非何らかの形で協力関係になれればと思い、ご連絡しました次第でございます。
    そこで、まずは相互リンクさせて頂けませんでしょうか?

    被リンク方法のページはこちらでございます。
    https://re-navi.com/mutual

    これが良い機会になりますよう、お祈りしております。
    折返しのご連絡をお待ちしております。

    -----------------------------------------------------------
    メンズエステポータルサイト【リフナビ®】事務局
    担当:花田
    Web:https://re-navi.com/
    E-mail:info@re-navi.com
    ----------------------------------------------------------

    返信削除